昨年は、ヌメリあるキノコは遅れて発生した。

  • 2020.01.04 Saturday
  • 08:46

 

      どぉ〜 もぉ〜 (゚∀゚)ノ

 

正月休みも今日で終わりかな。

少しずつ体を動かさないと寝正月からの立ち上がりが悪くなる様な気がして。

 

実は昨年の台風19号で予定していたキノコ狩りは中止になっちゃってね。

まあ、当然仕事は全てキャンセルしちゃっていたので、お陰で2日休まざるを

得なかったんだけど、我が家も台風のお陰でベランダの波板の屋根が飛ばされ

てしまった。

 

ので、本日はそれの改修をしようかと思ってはいる。

材料は全て揃えてあるので、あと必要なのはやる気だけだ。

 

元旦の朝から急激な冷え込みで昨日もちょっと倉庫に行く途中アブラ屋に

寄ったんだけどそこまでの間、作業車の水温計がピクリとも上がらなかった。

また今朝も冷え込んでいるので、少し間を開けて日光が照り始めたら作業を

開始しようと思っている。

 

このblogもまた暫く更新できなくなるかもなー。

 

年末の経理で今年は昨年より税金が来そうな気配だ。

経費が結構掛かったと思っていたが、それ程ではなく、年末に新しい工具を

買ったり、今年の材料を購入しておけば良かったという結果になってしまっ

ていた。毎年業務用パソコンをいい加減買い換えろ╬╬╬╬╬と税理士には言われ

てはいる(笑)

 

まあ、いまだにXPだからね。

 

在庫に関しては下手に抱えると、それにまた税金が掛かってくるので、在庫は

持たずに各業務ごとに仕入れては使い切るという事に努力している。

まったく……「売れないから」「仕事が無いから」不良在庫を抱えているのに、

それに税金が掛かるってんだからなー

 

ただ、昨年、マシンを買い換えたのが残高に大きな影響を与えてしまい、

年末に尻込んで経費として使えなかったんだよね。恥ずかしい話だけどね。

 

取りあえず必要に応じて買ったのがマキタの18Vのバッテリー2個と18

V対応のクリーナーと作業灯だけだ(笑)今まで14V製品だったのを調子

が悪くなったので買い換えただけ。まあ、14Vバッテリーは生きているの

で他の工具に使えるからいいや。

今年も我武者羅に働かなければならないと拙いこと必至だ(苦笑)

 

もうヂヂィなのになぁ……

 

で、台風で中止になったキノコ狩り。

当然、キノコ狩りに行く回数が予定より減ってしまったわけで。

それでも山が落ち着いたであろう1週間後に出掛けてクリタケやマツタケを

収獲してきたのだが、元請け連中は、これでキノコ狩りは終わったんだな?

と安心していた10月も終わった次の日曜日に、ちゃっかり強行キノコ狩り

に行って来ちゃった(笑)

 

当然、日曜日は国民の休日という権利をかざして一応は対応出来ませぬと

いう申し出を連絡してはおいた。呆れられたけどね(笑)

 

で、11月に信濃路へキノコ狩りに行くのは今回初めてで、夏が長くて秋が

遅れた事を予想して、今、何か良いキノコが出ているのぢゃないか?という

勘だけで行く事にした。

 

で、前回のスペシャルなシロへ行きたい気持ちを抑えてクリタケ場に行ってみた。

するとクリタケがあるわあるわで。

まあ、クリタケの件は前々回記事にしたのでもういいやね。

でもそこで収獲したのが、少量だけど、ツバアブラシメジ。

このキノコもオオツガタケくらいの大きさがあるのでキノコ狩りのターゲットと

して楽しめるキノコだ。

 

 

 

ただ見付けた時、10本くらいまとめて発生していたが、半分は傘が既に全開に

なってしまって、傘裏も黒ずんでしまっており収獲に値せず、残念な思いをした。

タイミングって難しいよな……地元ぢゃないだけに、何時でも行けるわけでは

ないからね。

 

 

汁物にして無難な味だけどね。

 

 

結局はこれだけしか収獲出来なかったが、見つけた時の喜びは大きい。

今年も収獲出来たというかね。

 

 

11月だと、どっちかというとヌメリ系のキノコが多かったかな。

で、やっとスペシャルなシロに行ってみた。

 

時期的に多少乾燥気味なのか傘が割れている個体も多い

 

流石にマツタケは無かったが、9月にあれほど地元の皆さんが欲しがって探して

いたハナイグチがワラワラ発生しているんだよね。赤松とカラマツが半々だから

ハナイグチがあるのも納得出来るのだが、まさか11月になってからの発生とはね。

分からないものだね。

 

11月になると落ち葉も多い。その中から顔を出しているので

見つかれば大きな個体が多い。

 

 

11月の発生だと虫害も少ないね。ハナイグチに関しては。

初秋のモノはもう、虫がワンサカ付いていて、傘を裏返した瞬間ワラワラと管孔

から出て来てピョンピョンと小過ぎて形すら確認出来ない生命体が跳ね出て来る

からね……灰色や黒く染まっていた傘裏がどんどん黄色くなって元の色に変わっ

ていく様は、思い出しても良い気分ぢゃねーわ……

 

それがイヤなら発生直後に収穫するか幼菌狙いしかないかな……

 

その後はちょっと足を伸ばして時間つぶし的にチャナメツムタケを収穫に行った

のだが、チャナメに関しては、やはり不作の年だった様で、全く収穫が無いとい

うわけではないのだが、例年よりは発生量は少なかった。

 

 

11月の休日の1日だけで、これだけ収獲出来て満足。

 

チャナメツムタケは幼菌のうちから虫に入られている場合が多いので、収穫と同

時に柄を茶色いトコから切り捨てて虫が入っていないモノだけを収穫してくる。

 

宿に戻ってからの選別や掃除の手間を減らすためだ。

ヌメリがあるキノコは掃除が面倒いので、なるべく汚さないようにして持ち帰る

様にはしている。

 

まあ、でもヌメリあるキノコの傘上に付いた落ち葉、特にカラマツの葉はそのま

ま乾燥されちゃうと取り除くのにもの凄く手間が喰うので、やはり程ほどのヌメ

リがある時に収獲した方が得策かな……

 

 

 

クリタケもまた、これだけ収獲出来た。

 

確か常陸国方面だとクリタケは11月が採取時期だったし、キノコ的には不思議

ではないんだけど、気候的に信濃路で11月とはね……

 

たまたま昨年は、最後に読みが当たったってだけで、例年シロを歩いていると、

「もう終わりだな……」というのが分かるんだよね。

でも、昨年はそうではなかったんだよ。で、11月になっても諦められなくて行っ

て来たってトコ。

 

毎年同じパターンでは無いというところが、また面白いのだが、果たして今年は

どのような気候で、キノコ狩りの当たり年になるのか。

 

 

それよりも、今年来る税金類を払えるのかを心配する方が先か……

 

 

間が出来たらまた更新します。

 

 

自然科学 - 科学ブログ村  
    ↑↑
 ここをクリックしますと、わしのラン キングポイントになりますが、
            他ブロガーからの最新情報も読めます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
こうなったらハナイグチで物納でw

って、もう喰っちまったか・・・・・・
  • まねき屋
  • 2020/01/15 1:19 AM
それは、それで、かなりの重税ですね……
不作だと延滞菌が怖いw
  • きのこ堂  ちば!
  • 2020/01/23 4:11 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Twitter

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM