ツバアブラシメジ……変な思い出を作ってしまったキノコだよ

  • 2018.10.20 Saturday
  • 04:48

 

 

     どぉ〜 もぉ〜 (゚∀゚)ノ

 

キノコ好きの皆様こんにちは。

今シーズンのキノコ狩りは、いよいよ終わりに近づいて来たね。

 

ちょっと賞味期限切れのネタなんだけど今回はツバアブラシメジの話し。

 

 

CIMG0963.JPG

 

 

今年初めて収獲したキノコなので、わし的には情報不足なんだけど、毎回

の如く小学生の感想文以下の内容で記述していこうかと思う(苦笑)

 

先月中旬を過ぎた頃にオオツガタケやマツタケを探しに初めて行った山が

あるのだが……いや、その山には散々通っていてマツタケというよりは、

ハナイグチやカヤタケと言ったカラマツ絡みのキノコを収穫する山なんだ

けどね。

 

で、その山の途中に禁断の林道があるのは分かっていたのだが、数年通っ

ていても、そこには侵入はしなかったんだよ。何が禁断かと言うと尾根沿

いに2町もワープwしちゃう林道でかなり距離もあるからだよ。

 

しかも、アカマツとコナラ等が混じる林を通過していくのでキノコ的には

期待が大きかったんだよね。しかし、どのくらいの悪路か予想が付かない

ので、進入するのをためらっていたんだよ。

 

しかし、今シーズンは思い切って入ってみたわけだ。

 

でも、やはりあまり深く入ってしまって出て来られ無くなると悲惨だろう

から入り口から数100mくらいで留めていたんだよ。最初のうちは……

 

入ったところで直ぐにアミタケやオウギタケが大量に収獲出来て、さらに

ハツタケやショウゲンジまで多数採れちゃったんだよね……これが不味か

った。

 

1週間後、前回の味をしめてしまったわしは、更に奥へと進入したんだよ。

 

すると、何故か毎回見かける地元の店名入りの軽トラックが駐車してある

ので、何かここで収獲出来るのだろうと思って、わし等もキノコ狩りを開

始したのである。

 

すると、軽トラックの方から大声で相手を呼ぶ女性の声が聞こえる。

それがまた、結構キツイ論調で叫んでいるが、カミサンに聞けば地元の女

性は、あんなもんだと言う。へぇ……結構ガラガラしてんのね……と思っ

たわ。

 

女性の大声を聞きながら「旦那さんは何処に行ったんだろうね……」なん

て話していると、今回とりあげるツバアブラシメジがそこにあった。

 

 

CIMG0961.JPG

 

 

 

初めて見るキノコで、なんだろうか?と考えていると上の方から旦那が降り

て来たので「あ、さっきから奥さん?が大声で呼んでいますよ」と知らせた

ら「おらぁ、耳が遠いんだよ」だって……そりゃ、奥さんが幾ら呼んでも聞

こえないよね。

 

最近キノコ採りの遭難事故が多いから、地元に帰る度に周囲にからかわれて

仕方がないのだ。で、きまって行方不明者の年齢を見て「あ、きのこ堂 ぢゃ

ねーのか……」と残念がっているらしい……(`皿´#)ノキィーーーッ!

 

で、話しを戻すと、その耳が遠い旦那に会ったついでだからこのキノコなん

だか判りますか?と聞いたところ、「お、このキノコは喰えるだろ。でも何

だかは、判らんがね。」……って、判らないのに喰える??コエーなぁ……

 

で、中る輩も出るんだろうな……と思った(笑)

 

「ところで旦那さんは何を採っているんですか?」と聞くとパンパンに甘食

の様にデカクなったイグチを取り出して見せてくれた。

「いやぁーこれが最高だよ!」と嬉しそうなので人それぞれだなぁと思った。

 

別れ際に「おらぁ〜○●町の▲■屋の目の前なんだよ」と聞きもしないのに

語って去って行ったのだ。まあ。お人好しだったのかな(笑)

 

 

CIMG0960.JPG

 

 

その後、わし等は今までに見た事がないさっきのモノと同じキノコを数本、

更にオオツガタケまで収獲したのだが、山の中は暗くなるのが早いので引き

上げる事にした。

 

今後のキノコ狩りのために更に奥へ進んで2町ワープで尾根伝いに行って見

る事にした……この判断はまずかった。

進んで行くと、どんどん悪路になって行くのだ。そこで林道の幅全てが水溜

まりと言う状況に出会し、そこを通過する際、スタックでもしたら身動きが

出来なくなるので、キモを据えて進入通過したのだ。が、この時車体下側を

強打したのが原因でオイルエレメントに亀裂を入れてしまった。

 

気付かずにそのまま走行、途中更に岩だらけの悪路を通過する際、前輪がバ

ースト。悪路で予備タイヤに換えようにもジャッキが下に入らないのだ……

 

こんな事している間にオイルはどんどん漏れてしまったんだろうね……

まあ、何れエンジンブローしちゃうんだけどね。で、タイヤを交換後、もう

少しで里に下山というところでアラジンランプが点灯しちゃってジ・エンド

ですた……

 

帰りはレッカー屋さんにタクシーが捕まるとこまで乗せていただき、マシン

は車載車で地元へ先に帰って貰うことになり翌日からレンタカーになった。

で、タクシー代とレンタカーの乗り捨て代で自腹の数万円が一瞬で飛んだ……

 

寄宿後、それでもキノコ狩りに懲りないわし等は今日採ったキノコの検分と

掃除作業に入る。既に時刻は21時だ(笑)

 

で、図鑑やネットを駆使して同定をするのだが、比較的簡単に同定出来る場

合もあるし、毒キノコと紙一重みたいなキノコもあったりするから、難しい

し、面白い。

 

 

ちょ〜ヌルヌル。

 

 

今回は著しい滑りがあるキノコだったので比較的同定は早かった。

「ツバアブラシメジ」だなと。

 

数日後にその近辺でまた似た様なキノコを見付けたので持ち帰ったんだけど、

今度は柄のところが布袋竹みたいに段々になっているので、またこれでちと

悩まさせられた。

 

 

CIMG1292.JPG

迫力あるよ。まるで布袋竹だ(笑)

 

しかし、洗ってみたらこの段々になっているのは滑りに溜まった汚れと判明。

汚れを取ったらツバアブラシメジだった。

まあ、汚れている方が迫力はあったかもな(笑)

 

 

 

CIMG1288.JPG

 

 

人によっては「マムシフウセンタケ」とか言う場合もあるけど、この柄のガ

ラを見ればそう言いたくもなるかもね。

 

で、これを吸い物にして食べてみた。

 

まあ、オオツガタケほど出汁が出るわけでもないし、普通に美味しいキノコ

だね。切り方によっては比較的大きなキノコだから見た目で食欲は出るけど

噛んでみると、やはりオオツガタケの比では無かったかな。

 

でも、キノコ狩りのターゲットとしては良いキノコではある。

高山帯に発生するキノコらしいので、数を揃えるのは難しいかもね。今まで

オオツガタケだって難しかったのに今回初めて見たキノコだからね。

しかし、来シーズンにも収獲したいキノコだ。

 

きっと今後このキノコを見付ける度にマシンを壊して懲りた事を思い出す

んだろーな……

 

まあ、しかし、一歩間違えば遭難だよね。車幅目一杯の林道走行なんてさ。

山なんて深く入るもんぢゃないよ……シカは沢山いるしな(笑)

 

 

 

自然科学 - 科学ブログ村  
    ↑↑
 ここをクリックしますと、わしのラン キングポイントになりますが、
            他ブロガーからの最新情報も読めます

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

amazon

Twitter

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM