ウラベニホテイシメジ(可食)とクサウラベニタケ(猛毒)……目立つだけに危険かな。

  • 2018.09.24 Monday
  • 09:24

 

 

 

                   どぉ〜 もぉ〜 (゚∀゚)ノ

 

キノコ好きの皆様、こんにちは。

9月の連休もいよいよ最終日となりましたね。

キノコ狩りに出掛けた方々は嬉しい収獲がありましたでしょうか?

 

わしは、この連休中はいろいろな事情があって朝一番のシロ侵入が出来なかった。

なんと、マイマシンが高山の林道走行中にエンジンブローしてしまい、酷い目に

遭ってしまった。まあ、自分が悪いんだけどね。

 

途中までフラットだったので、そこまで安心して侵入してキノコ狩りを楽しんだの

だが、夕暮れが近くなり当然山の中が暗くなるのは早い。林道は尾根に出たり山の

高低差がある北東側を抜けたりするので場所によって明暗が激しいこともあって、

視界が明暗を繰り返していて走り辛いのだ。そんな時狭い道幅全てを占領して水溜

まりが現れ、戻るに戻れなくなったわしは、そのまま侵入してマシンの全部と後部

の下部を強打……これが不味かった。この時にオイルエレメントを破壊した……

これに気付かずそのまま走行。

 

もう少しで下り切るところで、今度は急に高圧でエアーが抜けるサウンドだ。

フロントタイヤが何処かの岩に強打したらしく、一気にエアーが抜けた……

降車して確認すると、既にホイールとタイヤは絶縁状態、走行不能になった。

で、林道を通行止めにしてその場でジャッキアップしてタイヤをスペアタイヤ

に換えた。GPSで現在地を調べると舗装路はもう直ぐである。

 

今度は慎重に運転して下って来ると魔法のランプマークが点いちゃったんだよ

ね……

で、少々アイドリングをしてから停止して車載の予備オイルを注入するが、当

アラジンランプは消えない。仕方が無いので、焼き付き覚悟でそのまま数m

進んだら舗装路になった……安心したのも束の間、エンジンがカンカン、ペタ

ペタ騒ぎ始めたと思ったら死んだ……真っ暗闇の中で途方に暮れるハメになっ

た。

 

ははは……この時、人の不幸はなんとかと言う言葉を思い出したよ(苦笑)

 

で、またしても前置きが長くなってしまったが気を取り直してキノコの話題に

行って見よう。

 

ウラベニホテイシメジにカエルが(笑)

採っちゃダメ!……ってか?

 

 

タイトルにあるようにウラベニホテイシメジとクサウラベニタケの話しだが、

前述した林道の入り口(舗装路沿い)の混交林に足を踏み入れたら其奴が歓迎

してくれた。

 

如何にも「ハロォ〜〜〜〜ヽ(´∀`)/ 」てな感じで。

 

 

 

因みにクサウラベニタケは猛毒キノコだ。

この時はウラベニホテイシメジかクサウラベニタケか不明であった。

 

 

 

以前、カミサンが信濃の国のキノコを知るために、我々が収獲どころか、見た

事も無いキノコを我々のシロ地域から離れたところで収獲されたモノを購入し

たことがある。

それを食べた時、美味いと思ったキノコをどこかで自分達で収穫したいと数年

思っていたわけだ。その中にウラベニホテイシメジがあったらしい。

酔っ払ってツマミを喰っていたわしは、んな事憶えてねーんだよな(笑)

 

こんなわしなので、実際フィールドでそれに似たキノコが発生していても可食か

不食か判断力がないのだ(苦笑)

 

 

 

画像のキノコ、とてもデカイんだよね。大きなモノで柄の長さが20cmくらい

あって、もうこれは以前購入したウラベニホテイシメジだろ!と思って一応は

持ち帰った。

 

が、図鑑で調べると、どうやら傘の色が違う……

 

これはウラベニホテイシメジ

 

 

で、ネットで調べると指で押した様な模様があるのが決め手だという記述があり、

画像検索を掛けるとフィールドで撮影した画像が出て来てどれも独特の指押しマ

ークが付いている。サイトによっては憶えてしまえば間違える事はまず無いとい

う記述もあれば、長年キノコを採取しているプロ(自称?)でも間違える事があ

るという記述もある。

 

全く……ネットの情報は何処まで信じるべきなのか?本当に責任は自己責任でと

いう時代になったモノだなと感じる。まあ、仕方がないよね。時代の流れだし。

勝手に情報の読み逃げしちゃっているし(笑)有る意味、ネットで情報を流して

くれている人って良い方なんだなぁ〜って。

 

クサウラベニタケの幼菌

 

まあ、スマホがあってキノコ電波ダチが沢山いれば、その場で判別出来るのだろ

うがスマホ嫌いのわし等にはこういった技は無い(笑)というより、電波が来て

ねーよ!それだけの山中なんだよ。ド田舎すぎて。

 

で、わしは決断した。

ネット上の幼菌の画像でその違いを判断し、食べられるかもしれないという短い

後ろ髪を引かれる思いで我慢をし、断腸の思いで廃棄物としてお別れさせて頂い

た(苦笑)

 

そして数日後……

 

もう、昨年までに見付けた多々有るシロをすべて縄張りチェックの如く巡回して

しまったので、いよいよ覚悟を決めた……そう、唯一知っているマツタケ山に行

く事にした。

 

と言っても、マツタケ採れればラッキー的な山だが何度足を踏み入れても殆ど収

獲出来た事が無い。このblogで以前書いた内容が全てであり、今までで3本しか

採れていないのだが、ひょっとするとまたあるのではないか?という期待がある。

 

しかし、この山へ入山するには覚悟がいるのだ。登山口からいきなりの急勾配の

泥道を登って行かなくてはならないからだ。路肩キノコ狩りばかりしているぬる

ま湯キノコハンターのわし等にとってはもの凄く勇気がいるのだ……

 

で、入山すると直ぐにアミタケの群生に迎えられる。

アミタケを収獲し始めるが、その周囲にマツタケは出ていねぇか?とキョロキョ

ロしてみるが全く見当たらず。アミタケとオウギタケの収獲をして、その場を離

れると先日のキノコより幾分小さなモノだがまた冒頭の画像キノコが出現した……

「これ、先日廃棄したヤツだよな……」と思いながら数m先へ進む。

 

 

 

 

すると……指で押した跡付きのキノコが。

 

 

 

 

 

図鑑でみたウラベニホテイシメジと同じ色をした

傘である。

 

中央、左がウラベニホテイシメジ、右がクサウラベニタケ

 

 

間違い無い。これで完璧に違いを理解した。と思った。

で、抜く……

 

いやいや、土中に入っている柄が予想より長くて驚いた。

うっかりすると途中で折ってしまうところだ。ここら辺も初めて収獲するキノコ

には注意が必要である。

しかも、思ったより巨大だ。

 

これがきっかけでマツタケ&ウラベニホテイシメジ狩りといったダブルの収獲を

期待出来る事になったわけだが、やはりマツタケは無い(笑)というより……

わし等には見付けられないと言った方が正しい。

 

で、やはりプロ(自称?)でも間違えるという理由も多少理解出来る現象にも

出会したのだ。

 

一緒に自生しておる……

 

 

上画像は、ウラベニホテイシメジとクサウラベニタケが一緒に自生しているのだ。

これはキノコ狩りをする人間にとってはかなり危険な生態である。

1株にクリタケとニガクリタケが同衾して(笑)発生している状態より危険かも

しれない……というより、後者の組み合わせは既にわし等は判断が出来るので高

を括っているだけかもしれないが、前者に関しては前回キノコ狩りに行った時だ

ったら、かなり危険なシチュエーションだった事になる……

 

上記の事を考えるとやはりキノコ狩りには注意が必要な事は解る。

 

以後、画像で判り易いアクション(笑)

 

 

 

傘直下の柄を軽く握っただけで脆く裂けるのがクサウラベニタケで、しっ

かりしている方がウラベニホテイシメジだ。

 

左がウラベニホテイシメジ、右がクサウラベニタケ

 

 

因みにクサウラベニタケ(毒)を生で囓ってみたらスイカみたいな香りがほんのり

した。ネットではクサウラベニタケは苦みが無く、ウラベニホテイシメジは苦いと

のことだ。しかし、当時ウラベニホテイシメジが無いのだから比較のしようが無い。

 

ま、前回の判断は運良く正しかったと言ったところだ。

 

 

 

で、収獲してきたウラベニホテイシメジは手に取って見ると尚、その大きさが理解

出来る……これだけ収獲出来て腰魚籠はアミタケ、オウギタケ、クリフウセンタケ

ウラベニホテイシメジで溢れるくらい満タンになったところで下山した。

 

結局、マツタケには出会えなかったのだが……

 

 

 

下山後、ウラベニホテイシメジを食したが、シャキシャキして歯応えが良く、モノ

によってはほろ苦さがある。

う〜ん……傘がほろ苦くて、柄の方が美味いかな?

わしは、太く長い柄は輪切りでホタテの貝柱程度の大きさに切って食べた方が良い

な。

 

 

 

 

因みにマシンに関しては不運だったが、この事態もなんとかスムースに対処出来、

レンタカーも手配、下山寸前のオイル切れだったため、なんとか助かったのは運

が良かったと思う様にした。

 

やはり、貧乏してでも自動車保険だけは大事だ……

 

 

 

 

 

自然科学 - 科学ブログ村  
    ↑↑
 ここをクリックしますと、わしのラン キングポイントになりますが、
            他ブロガーからの最新情報も読めます

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
山で遭難して飢えてクサウラベニタケ食べてしまったとは!  (∩;゚皿゚)ヒイィィィッッッ!

成仏して下さい・・・・・・(-人-) ナム〜
  • まねき屋
  • 2018/09/24 8:00 PM
喰ってねーよ(`皿´#)ノキィーーーッ!

そんなに死んで欲しいとは思わなかったよ……

月末、そっちで暴れてヤル……

(#`皿´)ノキィーーーッ! ●~*●~*●~*●~*
  • きのこ堂  ちば!
  • 2018/09/24 8:20 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

amazon

Twitter

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM