キヌメリガサ……コキンタケ……コンキタケ?正にその名の通り

  • 2018.08.17 Friday
  • 15:26

 

 

 

     どぉ〜 もぉ〜 (゚∀゚)ノ

 

久々の記事なモノだから、既に書き方を忘れてしまっている……

しかも、今までFirefoxを使って書いていたのだが、なぜかドックから

消滅しちゃっていて、PC内からやっと引っ張り出したら現在の仕様で

はないので最新バージョンに更新しろって言うので更新したら、管理画

面で多大なるエラー表示。

 

仕方が無いのでSafariを使って書いているんだけどね。

で、半年以上も更新しなかったわけだけど思いの外アクセス数が落ち込

んでいないので驚いたよ。

 

今シーズンはオオツガタケを狙う輩が増えたと見えて集中的にアクセス

が伸びていてね。ニガクリタケには全くと言うくらいアクセスが無かっ

たわ。あれほどあったアクセス数も季節が過ぎると一気に減るのが面白

い。まあ、またあとひと月もすれば頭角を現して来るとは思うけどね。

 

現在世の中は、まだまだお盆休みの最中なのか昨日までは道路が空いて

いたね。今年は長めの夏休みになったのかな?わしには盆休みは無い

ので、休める時に休める様にしているのだが休みと決めてしまうと全く

何もやる気がせず、寝ているかネットサーフィンという無駄な時間を過

ごしてしまっている。

 

ちょっと無駄な時間の過ごし方と捉えてしまうが、この時に世の中の

色んな方達の考え方を読むのも面白かったりするので、無駄とは思わな

い様にしているが、ネットサーフィンに嵌まってしまうと、やはりいつ

の間にか結構な時間が過ぎてしまっていたりするんだよね……やはり無

駄ってことか(笑)

 

今回は金持ちになるにはどうしたら良いか?

大金持ちの特徴を真似てみよー!!

みたいなのを読んでました(笑)

 

 

まあ、こうやって記事を書いているのもヒマぢゃないと書けないしね。

 

半年以上経っても悪いクセは抜けてはおらず冒頭に長い文章を書いてし

まっているんだけど、まともにタイピングするのも久々なので練習も含

めて書いているので容赦願いたい。

 

さて本題に入りたいと思うが、これからやって来るキノコシーズン。

今回は、そのシーズンも終盤を迎える時に収獲出来るキノコの話し。

 

見つかると、その場で大量収獲出来るキノコとして何時かは収獲したい

と思っていたキノコのひとつ。

わし等はキノコを芸術的には捉えてはいない。兎に角食料として狙って

いるのだ。なので、キノコシーズンも終盤になると翌春に収獲出来るか

出来ないか不明なアミガサタケやハルシメジの季節までキノコ狩りは

お預けになってしまうので、もう必死で探す(笑)

 

数年間、信濃路のキノコ狩りをしてきたが最後はいつもチャナメツムタケ

かクリタケ、ムキタケで幕を閉じる。

大抵チャナメの幼菌の大量収獲で終わる。競争率が高いクリタケは当然

大量収獲とは行かないんだけどね。

 

で、今回。

 

 

 

キヌメリガサってキノコがあるんだけど、このキノコがどうしても見付け

る事が出来なくてね。キノコシーズン終盤に発生とあるから、いつかは収

獲出来るだろうとは思っていたのだが、シロが見つからないんだよね……

 

義母もキノコ狩りを昔はやってた方なんだけど、方言ってのがあるから…

正式名称が不明な場合があってね。なので図鑑では判別が不能なのさ。

で、その娘ってのが真性キノコハンターであるカミサンなんだけどね。

親子揃って正式名称が分からないモノだから昔からの方言で

 

       「コンキタケ」

 

って呼んでんだよね。

何がコンキタケなのか?と言うと、小さい傘のキノコが、やたら大量に自生

しているのでそれを収獲するのにとても根気がいるからだそうだ。

 

 

 

 

 

そして昨年最後のシロにそれらしきキノコがあった。

「コンキタケってこれぢゃね?キヌメリガサだろ?

抜いてみ?」って抜いてみると……

 

 

簡単に抜けネーーーーーー!!

 

 

しかもだ……傘の割には柄がもの凄く長いのだ。

 

 

 

 

 

これを途中で千切る事無く引き抜くにもかなりの根気がいるのだ。

それでも最後の末端まで上手に引き抜く事が難しいんだけどね。

 

コンキタケ、コンキタケ、コンキタケはキンコンキンとか言っているうちに

途中でキシメジ等を収獲しちゃうから、いつの間にかコキンタケとか言った

りしているヤツがいたけどな(笑)

 

わしはカミサンや義母から聞いた話からキヌメリガサぢゃねーのかなと、図鑑

やネット画像から想像してはいたが、実際に実物を見たとき、これって喰える

の?まさかこんなに小さくでヌルがあるキノコを収穫するの?と思った。

 

で、収獲を開始するわけだけど、兎に角足下にはうっかり踏み潰してしまうほ

に大量にあるのさ……

しかも、当日は雨天で標高がかなり高い所だから気温的に辛い事なんの。

かなり降りが強かったがその日が最後なので頑張ることにした。

雨合羽を着用したが何故か腰の部分が冷たくなって来るし。

 

それでも根性で収獲をしてマシンまで戻ったのだが……

 

合羽の何処かに穴が開いているんだよね……ぢゃぢゃ降りの中で頑張って二人

収獲して来たのは良いが腰から股間に向かってズブ濡れになってしまって情

けないったらありゃしない(苦笑)

 

で、気を取り直して山を下って自宅に帰って来て、早速収獲ブツを掃除して洗っ

んだけど、数時間経っても特に変化や傷みがなく優秀な菌の様だ。

簡単に綺麗になる。

 

 

 

 

で。試食。吸い物にしてみた。

 

 

 

 

 

まあ、

多少滑り気が強くて歯応えともに普通に美味しいキノコでした。

 

 

 

因みに、金持ちになるためには汚い言葉を使ってはダメらしい……

 

既に、わし、アウトぢゃん……w

 

 

 

 

 

自然科学 - 科学ブログ村  
    ↑↑
 ここをクリックしますと、わしのラン キングポイントになりますが、
            他ブロガーからの最新情報も読めます

 

 

 

 

コメント
古今茸とはまた風流でハイソな・・・・・・w

次は万葉茸でオナシャス
  • まねき屋
  • 2018/08/18 1:42 AM
勝手に変換してるし……w

次は詐茸かな。
  • きのこ堂  ちば!
  • 2018/08/18 7:19 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

amazon

Twitter

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM