ナラタケ?……ヤブタケ??同じキノコだよな?

  • 2018.01.23 Tuesday
  • 11:51

 

 

     どぉ〜 もぉ〜 (゚∀゚)ノ

 

降ったね……関東地方に雪が。

まあ、今回は運良く業務がヒマだったから、無理して後輪駆動(FR)の

デレスケトラックで出動する危険を避けられているんだけど、昨日の朝

早くに明日の業務で使う工具類は積み込んでしまってあるから、備えは

万全だと思って安心しているのだが、今回の雪が今日の晴天でどこまで

融解してくれるのかが唯一気になるところだ。

 

関東の人間は雪に弱いと言われるが、年に数回?数年に1回の降雪の備

えのために、高額な費用を捻出するのも億劫であるし、スタッドレスタ

イヤだって、何年も装着せずに保管しているとゴムが劣化してしまうし

ね。だったらその日は業務は中止にしちゃった方がマシなんだよね。

 

まあ、それが出来ない人が多いだろうから、なかなか難しい問題でもあ

るけどね。

 

数年前まで取引していた得意先には路面凍結の所為で現地に到着するのが

遅れると伝えた時、チェーンやスタッドレスタイヤの準備が無い事でエラ

く咎められたんだけど、それでも、改善はしなかった(笑)

 

スタッドレスタイヤを履いていたって、凍結した上り坂を完璧にグリップ

して登れるのか?下り坂で安全に止まれるのか?と思ったしね。

 

自爆事故だけならまだしも、他車、他人を巻き込んだ事故でも起こしたら

どうすんだよ?と内心思っていたら他の取引先には「無理してまで仕事に

来るモンぢゃね。みんな同じなんだから雪が溶けるまで我慢するしかない。」

と言われたりね。業者によってそれぞれだなって。

 

と言うことで、外は今晴天だが雪はもの凄く積もっていて身動きが出来ない

ので記事を書く事にした(笑)

大した仕事もしていないので帳簿も記帳する事が無いし、申告の書類は正月

休みのうちにまとめ上げちゃって税理士に既に預けちゃったしね。

 

で、収入が無いから税理士からなんぼ請求が来るのかヒヤヒヤしておる(苦笑)

 

 

 

さて、またキノコの話だけど3年前に収獲した大きなキノコが気になっていた

んだよね。採取当時から1年間ばかりさ。

切り株の木口から堂々とそびえ立つ様に自生していたんだけど、現場ではそれ

が何のキノコか不明だった。

まあ、その頃から不明菌を持ち帰っては調べるのを楽しんでいたのだけど、ど

うしても当時そのキノコだけが判らなくて「あれは何だったんだ?」と気にし

ていたんだよね。

 

そのキノコがコレなんだけどね。

もう見た目が老菌でデカイ。

 

 

 

色も、もの凄く悪い。

こんなもん、持ち帰るなよと言ったってキノコに対しての好奇心が旺盛な

ヤツは言うことを聞かずに持ち帰るんだよね。

 

で、図鑑やネットで調べても同定出来ないでいたのさ。

 

下から写した画像がコレなんだけど、襟巻きが付いているから、これが

決め手になって何かしらの画像や写真と合致するのではないか?と思って

調べてみたが、やはり不明。

 

 

 

見た目も色も悪いので裂いて見る事も食べる事もせずに廃棄してしまった

んだよね。

それでも、次のキノコシーズンまで気になっていて……

 

で、翌シーズンにまた上画像のキノコを収獲したシロに行って見たとき

その切り株は何処にあったのだか見つけ出せなかったのだけど、その近く

までは行っていたと思う場所に、これまた面白く一直線に並んで自生する

傘が未開のキノコが多々あるのが見つかった。

きっと、この下に枯れた根でもあるのだろうか?とも思ったが、菌輪を

描くキノコも多々あるから何とも判断は出来なかったんだけどね。この時

には。

まあ、見た目も悪くないし、姿形がナラタケに似ているから収獲して行こ

うとなり、藪の中に自生するこのキノコを収穫してきた。

 

 

 

あまりにも藪の中で見事に発生しているのだが、その場でカメラを出すのが

億劫で撮影して来なかったんだけどね。藪と言ったって、クマササとかの棘

が無い下草ばかりではなく、マジで棘だらけの下草が多くてしゃがむにもう

っかりすると、ふくらはぎと太股の裏に挟んで飛び上がる思いをしちゃうん

だよね。手で収獲するにもキノコの株の間を棘がある蔓草が通過していたり

するから、注意しないと正月頃にウオノメが形成されちゃうんだよね……

 

で、このキノコを宿にいる義母に見せたら「ヤブタケ」と言うらしい……

なるほどね……確かに藪の中に生えていたわ……と納得した。

 

しかし、ヤブタケ=ナラタケという記述がネット上で多々あるんだよね。

まあ、上にも書いたがナラタケならば一直線に地ベタに並んで藪の中を行進

していたのはクリタケ同様に土中に腐朽中の根が存在していた事になるわけ

で「ハナレ」のオンパレードだったってことだな。大元の切り株は腐朽され

切ったのか?その時には見当たらなかったんだけどね……

 

 

 

まあ、1カ所でたくさん収獲出来ることには変わりないんだけどね。

 

しかし、いまだに納得いかないのが、以前にも書いた←(左をクリック)が、こ

の信濃でヤブタケと言われるキノコと図鑑で見るナラタケと違うんだよ。

 

いまだに納得出来ない上の茶文字の方程式。

まあ、しかし地方によって気圧や気温が違うので、こういった違いがあるの

かもしれないけど、ここら辺を研究・結果発表してもビジネスとして成り立

つ事が無いだろうから誰も掘り下げて違いを比較したりしないんだろうね。

発生する樹木の違いによる関係もあるのかな?しかし、森の病原菌としては

かなり研究されている様子。

 

ナラタケと言うならば「ナラ」の木に寄生するのが当たり前だと思うが、

そんな事もないんだよね。

まあ、エノキタケだって「エノキ」だけぢゃなくて、ケヤキやヤナギ、シデ

からだって発生するから「ナラ」だけとも決めつけられない。

 

ナラタケは他の腐朽菌と異なり枯死した樹木からだけの発生ではなく、生き

いる樹木にも寄生して病気にさせてしまう。「ならたけ病」と言って問題

視している地域もある。果樹園の樹に寄生してしまうこともあるからだ。

かと言って、ナラタケ菌と共生している植物もあるから皮肉である。

しかし、共生している植物って果樹と違って人間のためになんか役に立って

いる植物かい?と考えると「ならたけ病」は厄介物になるんだな。

興味がある人はちょっと調べてみると面白い生態が知れるよ。

 

 

尤も、マツタケやオオツガタケだって生きている樹木と共生しているのだから

思議な話しではないのだが……マツタケはチヤホヤされて高値だ(苦笑)

 

で、ナラタケ……もう雑木類なら何でも寄生してやるってな感じの勢い。

 

 

 

 

上画像のナラタケはシラカバの間引かれた切り株の根元から発生していた。

また、この個体も色が違う。

この場所でも、まとめて発生していた。

 

 

どうしたら、こういう事になるのかね(笑)

 

 

 

まあ、味噌汁の具としては食感、味とも優れているキノコだから、

ナラタケ=ヤブタケと思うしかないんだな。

でも、関東の黄色い幼菌の方がプリップリした食感だったと思うんだよね。

 

「ナラタケ」でググって画像検索すると黄色いナラタケの方が少ないんだよ。

まあ、例年キノコ狩りを楽しませてくれるから、わし等にとっては採れても

嬉しいキノコなんだけどさ。

 

まあ、今思えば、1〜2枚目の画像のキノコってたまたま大きくなって古く

なっちゃったナラタケだったんだろうな……って。

 

それでも、信濃のナラタケと関東のナラタケはちょっと違うといまだに思っ

ているのは、わしだけだろうか……

 

 

 

 

自然科学 - 科学ブログ村  
    ↑↑
 ここをクリックしますと、わしのラン キングポイントになりますが、

            他ブロガーからの最新情報も読めます

 

 

 

周辺道路の雪かきなんて、近所総出でしなければ良かった……

もの凄い勢いでお日様が融かしているわ。

大汗かいた挙げ句、筋肉痛になっちまったよ……唯一件雪かきに出て来なかった

裏のヴァヴァは勝ち組だわ(`皿´#)ノキィーーーッ!

 

 

 

 

 

 

 

コメント
ナラタケは現在10種以上に分類されています。
発生環境、発生の仕方も微妙に違っていますが、
それらをひっくるめて「ナラタケ」と総称されていますので
「ヤブタケ=ナラタケ」であっても「ナラタケ=ヤブタケ」では無いかも知れません。

同様に信濃のナラタケと関東のナラタケは地域差だけでない、
別種の可能性もあります。

取り敢えず、食べて美味しいのならそれでよろしいかとw

と、真面目にコメントしてみるw
  • まねき屋
  • 2018/01/23 4:22 PM
まねき屋さん、ご丁寧なご回答ありがとうございます。

ナラタケは数種あるのは知っていましたが、これについては
独自に研究や観察をしたことがないので、関東以北で見てきた
ナラタケだけが脳内を占めていました。

なので、信濃で言うヤブタケで検索すると=ナラタケみたいな
情報があり混乱していました。

そっか……やはり別種だったのですね。
なんとなく、これで疑問が晴れた様な気持ちになりました。

当たらずとも遠からずって事だったんですね。
では、信濃のモノはヤブタケということにします(笑)


って、早く言えよ!w
  • きのこ堂  ちば!
  • 2018/01/23 6:38 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

amazon

Twitter

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM