卵欲しさのウズラ作戦が成功した日(笑)

  • 2017.01.04 Wednesday
  • 05:57

 

     まいどぉ!!( ̄∀ ̄)ノ

 

 

 

我が家に……昨年8月下旬に新しい家族?がやって来た。

ウズラだよ、ウズラ。

ウズラが3羽。

 

左が♂のタカオ、右が♀のライコ。

 

 

以前からカミサンはニワトリやウコッケイを畑に小屋を建てて飼いたが

っていたんだけど、早朝の雄叫びと悪臭が近所迷惑になるからやめてく

れと言っていた。

 

何故?前述した家禽類を飼いたがっていたかと言うと、卵なんだよね。

我が家では毎日鶏卵を食べるので、自家採取出来ないものかと彼女は

考えたらしい。

 

で、諦めきれなかった彼女は、とうとうウズラに行き着いたらしい。

 

で、何処で飼うの?と聞けば「ポー部屋だよ」という。

まあ、仕方ねーかな……わしが連れて来てしまったポー様は既に11年も

世話になっているんだから、わしは反論する事が出来なかった(-ω-;)

 

で、通販でウズラを購入する事になり、その生きているウズラが運送されて

来て回収するのに到着当日がてんやわんや。

 

宅配業者がよりによって、我が家と相性が悪いとこでさ……

共稼ぎの我等夫婦とって一番融通が利かないとこだったんだよね。

 

ただ、わしの倉庫の近くに配送センターがあるので、センター留め置きに

してもらい、自らの時間の都合に合わせてこっちから取りに行くことにした。

 

回収してから自宅に帰るまでに1回だけ雄叫びを発したが、それ以降は最近

まで1回も鳴いた事がなかった。

 

が、最近になって日の出が近い時間になると、とうとう雄叫びを上げる様

なってしまった。

暮れ近くは晴れが多く暖かい日が多かったせいか春が近づいて来たと室内に

いる鳥は勘違いでもするのだろうか?

 

わしは耳栓なるものを装着せず就眠しているので、これで目が覚めたりする。

 

これが不思議で、隣室にいるウズラの雄叫びは野生の美しいさえずりに聞

こえるのだが、わしがウズラより早起きした時、寝室以外の部屋で聞いて

いると、ニワトリ同様もの凄い五月蠅さである……

 

正しく近所迷惑になっているのではないのか?と思う……

まあ、近所はペットに関しては寛容な方達が多いので、苦情が来るわけでは

ないのだが、ちと鳴かれる度に気が引ける。

 

因みに、3羽いて♀が2羽で♂が1羽である。

このうちの♂が毎朝騒いでいるようだ。

 

ウズラってのは、複数で飼育すると誰かが、誰かに集中攻撃される様で、わし

等が業務に行って帰って来ると頭部が血だらけになってたりするんだよ。

 

最初に被害にあった「ゆきんこ」回復中……

 

 

こういった生態を知らないから、もの凄く驚いてしまってね。

でも、もの凄い回復力で、それもそれで驚いたり。

 

飼い方としては、ポー様と隔離して飼育しているんだけど、たまに囲いから脱

走するヤツがいて、タダでさえ飼い主のわしに攻撃を仕掛けて来るポー様の格

好の餌食になってしまうヤツもいる。

 

ある日、♀の1羽が行方不明になって部屋中を探してやっと見付けた時は頭部

全体が血だらけでさ……もう目なんて抉られているんぢゃないないのか?って

状態で、もうこれからは盲目のウズラなんだな……ってガッカリしていたら、

盲目なりにエサを暴食、水を爆飲して復活したんだよね……

目は大丈夫だったんで安心してたらさ……

 

またその直後に♂のウズラ(タカオと呼んでいるw)にまた頭部を突かれ

て血だらけになって、再び現在復活中なんだよね……

因みに冒頭画像のライコがやられた。

で、♂と♀を仕方無く隔離しちゃったんだよ。

 

我が家に来た時は、この連続被害を受けた♀(雷子w)がタカオをハゲにして

いたんだけど、♂の頭角を現し始めたタカオにやられたってわけ。

ウズラの世界は不思議だよ。

 

まあ、兎に角♀のウズラってのは、ポー様より暴食で与えたエサを一切残さず

に全部平らげるから怪我からの復活も早いんだろうね。

 

ポー様同様にエサの調合の仕事が増えてしまったんだけどさ……(-ω-;)

 

卵目的で購入したウズラなんだけど、あまりの暴食で配合飼料の購入費が馬鹿

にならなくて、採算が合わないと、カミサンがこぼし始めていたんだよ。

我が家に来てから約5ヶ月も暴食し続けていたからね(笑)

 

で、ポー様のエサ同様、わしが「自分で調合すれば?」ということで穀物の単品

購入にしたんだよ、昨年の11月頃からさ。

で、提案したわしが自爆してしまって調合役になってしまった……

 

今朝の出来事なんだけど、調合してやったエサを山盛りにくれてから畑のイチジ

クの手入れに出掛けた。

それから夕方までウズラの様子は見に行かなかったんだけど、カミサンが夕方に

様子を見に行ったら、完食したエサ皿に2個の卵が入っていたんだってさ(笑)

 

やっと「ウズラ作戦」が成功したんだね(笑)

 

 

で、ウズラって独特な卵の模様があるんだけど、親によって模様が違うらしい

んだよね。

 

カミサンの判断曰わく、これって2羽の♀が同時くらいにそれぞれ1個ずつ同じ

所に産んだだろうと言う……

 

さあ、その真相は、わしにとっては不明なんだけど、ウズラってのは産んだら

放置なんだね。無責任なもんだ(笑)

 

以前のポー様夫妻は2羽で協力して交代で温めていたんだけどね……

途中で擬卵とすり替え奪って喰っちまったけど(苦笑)

 

鳩の♀は飼うのが難しかったね。

室内では動かないから、♂と同じエサだと脂肪肝になってしまって直ぐにあの世

に逝っちゃうんだよ。

嫁のクーちゃんは2年しか生きられなかった。可哀想なことをしたよ……

 

あの時、ポー様が別れを納得出来ないという様子を見ているってのは感情が強い

人間には辛いモノがあったよ。

まあ、それ以降、ポー様も発情しなくなったので、懲りたのかもしれない。

 

 

現在も元気なポー様。今年で12年目の付き合い?になる(`皿´#)ノキィーーーッ!

 

 

 

それにくらべてウズラってのは脳味噌が少ないせいか、無精卵を産むし、産んだら

産んだで放置なもんだから、こちらとしては堂々と卵を頂けるってなもんだわ(笑)

 

既に、初卵をゲットしたカミサンは「これから毎日産めよ、ゴルァ!、お前等に

どんだけエサ代を先行投資したと思っているんぢゃい!」と言っている……

 

自分が勝手に飼い始めたクセに……

 

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました……

 

 

 

 

自然科学 - 科学ブログ村 

  ↑↑ 今回の記事が何の役にたつか不明だけど、もし?役にたてたら、ポチしてね♡

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

amazon

Twitter

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM