キクラゲ類は触って楽しめ!!(笑)

  • 2016.12.21 Wednesday
  • 21:48

 

 

     まいどぉ!!( ̄∀ ̄)ノ

 

 

 

あー船橋ってとこに行って来た。

あの「ふなっしー」で有名なとこだ。

 

で、今回は、アラゲキクラゲについての雑感を書いてみようかと。

 

出張先の傍に緑地ってのがあってさ。

ネコの額くらいの広さしかないんだけどね。そこには切り株がいくつか

あってさ。結構な大木が伐採されていたんだよ。樹種はケヤキだね。

 

 

 

 

 

最近、当日記で人気急上昇中のエノキタケでも出ていないかと思って散策

に行ってみた。

伐採されたケヤキは何年前に伐られたのかは不明だが遠目でも菌類が発生

しているのが判った。

 

 

 

 

正体は前述したアラゲキクラゲなんだけど、このキノコも原木で栽培が可能

である。

因みに、わしは栽培をしたことは無い。

震災前までは、どこでも必要な時に収獲出来たのだから、貴重な原木をわざ

わざこのキノコに使おうと思わなかったからだ。

 

まあ、今考えると少しは栽培して、その特徴を目で見て経験しておくべきだ

ったのかな?とカマキリの涙ほどに思っている(笑)

 

まあ、観察しようと思えば、そこら辺で幼菌を見付けたらそこへ定期的に通

えば良い事なので、やはり栽培経験は必要なかったかもね。

で、こんな状態なんだから幼菌はあった。

木口だね。

 

 

 

このキノコは子実体を発生させながら菌糸を伸長させる特性があることから

原木に植菌してからキノコの発生が早いらしい。

 

しかし、良く考えてみよう。

このアラゲキクラゲって中華料理の炒め物によく使われているんだよね。

野菜と一緒に炒められているんだけど、独特な歯応えがあって噛んでいる感触

が良いというだけでさ……実際アラゲキクラゲにはこれといった味ってないん

だよね。こりこりした歯触りを楽しむんだよな。

 

で、そんなキノコが大量にあっても食い切れんと思うわけ。

しかし、考えようでさ。

乾燥したモノを水に入れれば戻るんだよね。

 

と言うことは、放射線被害の無い地域だったら栽培して放置で良いって事だ。

必要な時に必要な分だけ収獲してくれば良いって事だ。

このように考えれば逆に便利で優れたキノコということになるな。

 

で、罰当たりとプチ思ったが、こいつを使って遊んでみた(笑)

 

業務前に写真を撮りながらだったんだけど、この切り株があるところが拙い。

通学路にあるから既に思い切り不審者(笑)

ここが通学路だったなんて夢にも思わなかった。緑地脇の小径で急なかけあが

りの途中だしね。

こんな狭い小径を小学生〜ビジネスマンまで、途切れる事なくやって来る……

そこで枯れ株に向かって早朝から撮影してんだから、傍からみたら変人だよな?

まあ、堂々としていれば良いんだけど、自分の中にちと恥ずかしいという気

ちがあるから「不審者と思われているんだろーな……」って思うのかもしれ

ない。しかし、これって自意識過剰ってことか(苦笑)

 

しかし、そんな視線を感じながらも、めげずにちと大きめのヤツを適当に毟って

来た。

 

 

歩きながら撮影しているから、ピントが合わねーこと。

やはり、傍からみたら不衛生なブツを持ち歩いている変人かもしれない。

 

 

 

            いや……間違いなく変人だよ。

                      

                        (’A`)ヴベェァァァ……

 

 

さて、作業を開始しなくてはならない。

本日の親方大工の2代目をちと苛めてやろうか?といろいろ考えながら水に浸けた。

別に喰うわけぢゃねーから作業用の桶にブチ込んだ。

 

 

 

 

これを見た親方……「何これ?」

 

 

 

因みに「親方」と言っても、わしの親方ぢゃねーからねw

 

 

 

わし……「キクラゲっす。」

 

親方……「へぇ……こんなのここら辺にあるんだ?」

 

わし……「中華丼やタンメンに刻まれて乗っているヤツっすよ。小さいのだと

     そのままだったり。」

 

親方……「あーーーーあれか!なるほどね。」

 

ってな会話があった。

まあ、説明すれば納得して貰えるキノコなんだよな。

 

で、水に浸けてから数時間。

 

 

 

膨れてきた……うひひひひぃぃ

 

 

アラゲが戻って来て判ったのだが、採って来たのが2つだけだったのか……と。

 

更に数時間してから手に取ってみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  デカ!!

 

 

 

 

 

で、そのうち親方の2代目が応援にやって来た……

が、他業者が途中から来てしまって作業中止に。

 

し、しまった……箱に入れておいて「これなんだか触って当ててごらん?」

って苛めようと企んでいたのに作業が遅れてしまった事に焦って完全に忘れて

しまっていた……

 

2代目が来て直ぐに「ちば!さん、これなんすか?」って見られちゃって企画

倒れになってしまった……

 

こんな事して遊んでいるから、帰宅が遅くなるんだよな……

 

 

 

水に浸けている間があったら作業を進めろ!ってか……(苦笑)

 

因みにアラゲキクラゲの感触はプヨプヨで手触りは嫌いではないな。

タマキクラゲや、ニカワハリタケはもっとプヨプヨで感触が絶品だよ(笑)

 

ニカワハリタケって、これな、コレw

これって「裏面」だけどなーーー

 

 

 

 

今年の初秋に信濃路で見付けたブツ。

ホントに手触りは良好だったよ。

 

でもな……あんみつに合うと何処かで読んだが、わしは甘いものが好きでは

無い。

 

で、汁物に入れてみたが、やはり旨さは無い。単にプヨプヨ(笑)

 

こいつは触って楽しむモンだわ……

 

というか、キクラゲって癒やし的な感触?というより……

 

想像に任せるわ。実際に触って見てw(゚Д゚)w クレッ!!

 

 

                         ギャハハハ((((_Д_)ノ彡☆

 

 

 

 

 

自然科学 - 科学ブログ村 

  ↑↑ 今回の記事が役にたてたら、ポチしてね♡

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

amazon

Twitter

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM