ムキタケ3……季節によって色変わり……

  • 2016.11.28 Monday
  • 20:28

 

      まいどぉ!!( ̄∀ ̄)ノ

 

先日、キノコ狩りが諦められずに強行してきた(笑)

まあ、訳あって一泊のつもりが二泊になっちまったんだけどさ……

 

初日は何時もの様に朝から山に行きたいから仕事が終わってから夜に

首都圏から信濃へ強行。

天気予報で雪が降るという……11月に降るのは50年ぶりだという。

わし、生まれてねーよ!しるか!

 

って出掛けて行ったんだけど……

 

到着後、セブンで缶チューハイをめずらしく2本買ったんだよ。

1本は梅チューハイ・ゼロってヤツ。もう1本はグレープフルーツ味のゼロ。

梅の方をカミサンが呑むっていうから少ない残高wのnanacoで購入。

両方とも500ccの冷え冷えのヤツ。

 

まあ、ここでnanacoは関係ないんだけどさ……

で、宿に入って風呂に入る前に呑み始めた……

すると、カミサンは一口呑んで「まぢぃ!コレいらネ╬╬╬╬╬」って瞬間拒否。

しかも、カミサンが一口呑むと同時に、わしの方のグレープフルーツの方は

既に開栓しちゃっていたんだよ……

 

結局勿体ないから、わしが2本とも飯を食いながら呑んでしまった……

で、これが拙かった。

 

朝から何か調子悪くて仕方がなくて、この日は山の中でトイレに行く事4回。

飯は当たり前に喰っているから出るモノが出過ぎて辟易……

 

いつもと違うパターンをヤルとこういった事になるのか……と反省した……

が、我に返ると梅チューを拒否した「ヤツ」が悪い!(笑)

いや、卑しい「わし」が悪かったのか?

未だに答えは決められないでいる。

 

でだな、前置きが長くなったけど今回のキノコの話は薄く浅いんだよ。変な

日本語だけどさ(笑)

 

 

いや、11月の中旬も過ぎているのに地方によっては、まだキノコの販売が

されているんだよね。

ということは、行けば何かしら収獲出来るんぢゃねーのか?って今年は、

「納籠」したつもりだったけど、やはり行ってしまった(苦笑)

 

で、朝がやって来たので何時ものシロへ出掛ける事に……

 

いや……寒い!朝の気温は0〜2度!

当然、シロにキノコなんかねーわ。

 

仕方が無いから標高を思い切り下げてみた。

で、産直店で卵を200個買ってムキタケのシロに行ってみた。

 

 

 

 

いつもの倒木を見に行ったら黒っぽいヒラタケみたいのが発生しているんだよ。

「ツキヨタケぢゃねーの?」って触った拍子に表面の皮がペロンと剥けた事で

ムキタケと判明。当然、収獲。

 

しかし、1ヶ月前に収獲したときは緑色〜黄色していたムキタケが寒さで黒く

なるとは知らなかった。

 

 

 

 

ヒラタケの「戻り」状態と同じなのか?と思えばそんなこともなく新鮮そのもの

なんだよな。

 

ムキタケって渓魚と同じで寒くなると黒ずむのか……

渓魚の場合、水温が低くなって来て魚体が黒ずんだ個体を「サビてる」って言う

んだよね。それと一緒で「ムキタケがサビている」というところだろうか?

 

ということで、こいつは「スッポン鍋」に入れて楽しんでやろうと思案中(笑)

 

 

軍鶏がダメなら、スッポンかよ!?って……

 

さて、晩秋信濃路キノコ狩りの話は次につづく……と思うw

 

 

 

自然科学 - 科学ブログ村 

  ↑↑しばらくサボっちまったから、今夜もポチしてねぇん♡

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

amazon

Twitter

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM