センボンイチメガサ……知識不足で、ちょっと後悔したキノコ

  • 2016.10.31 Monday
  • 00:11

    

 

      まいどぉ〜  ʕ•ᴥ•ʔノ

 

 

あ〜この一ヶ月間、毎日記事をアップしたら、どのような結果が出るのか

試して見たんだけどさ……

 

結構、変化があるものだね。努力って大事だね(今更……w)

でも、自己満足でしかないんだけどね。

 

で、毎日書いていると、いつの間にか文字がデカクなっていることに気付かずに

記事を書いていたり(苦笑)

さっき気付いたら、いつもより文字サイズが大きくなっていたんだよ。

 

で、それがなんとなく「わしの日記ってこんなに読みやすかったっけ?」と思って

振り返って調べてみると、以前よりやっぱり文字が大きくなっていた(笑)

 

まあ、わしも、それに気付かないんだから、かなり「老眼」の域に入って来たん

だよな……

 

ちょっと休んだから、こういった事に気付いたのかもしれないし。

                

さて、今回はセンボンイチメガサの話。

 

 

 

このキノコって恐怖の大王みたいな「コレラタケ」に似ているって事で、結構敬遠

されているキノコ。

 

この記事を読んで頂いている方には申し訳ないけど、わしはコレラタケなどは知らん。

なので、わしの記事はキノコ狩りを推奨するわけでもないし、喰ってごらん

というblogではないという事だけはご理解して頂きたい。

 

ただ、今回のセンボンイチメガサの話は、わしが後悔したという内容なので、収獲の

知識や味の善し悪しといった事は一切ありません。

 

なぜ後悔したかというと、今期のキノコ狩りツアー(笑)において、結構このキノコ

の幼菌の群生に遭遇していたんだよね。

でも、収獲はしなかった。あまりにも小さくてメンドクサイってのもあったし……

 

 

 

で、なぜ収獲しなかったかというと、やはりその理由ってのが、小さいという

だけでは無く皆さんが嫌がっているニガクリタケ的な感覚があったのは否定しない。

 

完全にニガクリタケではないのに何がイヤかってのは、このセンボンイチメガサって

キノコは発生する季節がメチャクチャだからだ。

 

                  まあ、ニガクリタケはもっと営業期間が長いけどなー(笑)

 

夏の終わりから現在に至るまで発生が確認出来る。

しかも、クリタケモドキとそっくりなんだけど、幼菌がもの凄く小さい。

クリタケモドキの幼菌よりも更に小さい。

で、妙に茶色い。

 

 

 

しかも、幼菌時、傘の裏に膜が生じ、その中央から伸びる足はクリタケやチャナメツ

ムタケに似る。

 

なので「え?なに?この初秋にもうモドキやチャナメに似ているキノコって?」となる。

まあ、枯れ株から発生しているんだから、チャナメって可能性は低いよね。

 

 

傘が開くとニガクリタケの大きさと変わらない。気持ち大きいかな?

しかし、色が全く違う。

しかも、傘表面の色、傘裏の老化時の色にあまり変化がない……

傘が開き始めると、もの凄い群生に見えるし、これが濡れると更に怪しいキノコ

の集団に映る。

といった変なキノコである。

足はスギタケ系だし……

あまりにも怪しくて手が出なかった。

 

で、何が後悔だったかというと、実は我々がキノコ狩りをしていると、クリタケ

よりも、クリタケモドキとの遭遇の方が確率が高いんだよね。

やはり、一般のキノコ狩りの方達は、判らない、怪しいと言ったキノコにカテゴ

ライズしていると見えて、モドキの方は山に残っているし、一旦は採ったが、

やはり置いて行こうってのがかなり多い。

 

なので、こういった事が幸いしてクリタケモドキの収獲が安定しているんだけど、

そのクリタケモドキを自宅に持ち帰って来ると、その殆どが傘の裏が薄紫色に変化

しているんだけど、その中に全く傘裏の色に変化が無いキノコが多数混じっている

んだよね。

 

で、ニガクリでもねーし、モドキでもねー。苦くもねー。臭くもねー……

これってなんだ?って話になるんだよ。ま、喰ってみるか?って。

 

結局は、わし等だって、間違って採って来ているって事だ(苦笑)

 

 

前述したけど、コレラタケってのは調べると、かなり腐朽された材や、汚れ物と一

緒に積まれたような材から発生するみたいな記述もあることから、原木栽培程度の

腐朽材からのコレラタケ発生って、どうなの?って思うんだよね。

 

まあ、ここら辺は、たまたま原木キノコ栽培経験があるわしの勘なので、鵜呑みに

しないで頂きたいのですが……

 

まあ、でも、裏が白いままの怪しいキノコもモドキと一緒に「偽クリタケご飯」に

混ぜて喰ってしまったんだけど(笑)

今のところはなんとも無いので、あれって、やっぱりセンボンイチメガサだったんだ

な……って。薄々は以前から思っていたけど……これで確信が持てた(笑)

 

 

下からナメクジが手を出そうとしている……ってナメクジに手はねーよ(笑)

 

折角群生しているモノを何度も見たのに今まで一切手を出さなかったのが後悔

した理由だ。

先日のクリタケモドキの幼菌を収獲して飯に出来る度量があったんだから、セ

ンボンイチメガサの群生だって根気を出して収獲するべきだったかな……と

 

今更悔やんでいる。

 

信州自然キノコ採取4年目の経験なんて、んなもんだよ……

 

 

 

 

 

自然科学 - 科学ブログ村 

  ↑↑ここまで読んだら、コレ、ポチしておいてね♡

 

コメント

センボンイチメガサ。
食キノコなのにコレラタケとの混同を皆が恐れてて
料理情報が極端に少なくて面白いですねー

この記事はとても貴重・希少かもw
  • まねき屋
  • 2016/10/31 6:43 PM
一昨年、クリタケモドキと思ってたくさん採って来て
喰ってました……

画像で確認したらセンボンイチメガサも多数混じってただ……マヂで。
今更、恥ずかしくて本文には書けないっす(-ω-;)
  • きのこ堂  ちば!
  • 2016/10/31 7:46 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

amazon

Twitter

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM