カワムラフウセンタケ…………変色が激しいが、結構美味かった

  • 2016.10.29 Saturday
  • 13:32

     

        まいどぉ〜 (゚∀゚)ノ

 

ちょっと疲れが酷いので休もうかと思っている。

上には上がいるのだが、わし的には結構ハードな業務が続いた間に

信州までキノコ狩りに行き、行けば1日中山中を徘徊しているんだか

ら身体は全く休んでいない……

 

まーキノコ狩りに行けば行くほど収入が減るんだけど、キノコ期は、

黙ってしれーっとしているか、噓を吐いてまでキノコ狩りに行く(笑)

 

自然キノコの収穫なんて一期一会だからな。

時間がたくさんある学生は、好きなだけシロに行けるかもしれないが、

どーせ免許もマシンもねーだろうから、そう遠くには行けまい。

 

        ざまーみろ(笑)

 

                           あ、大学生なら行けるのか……

 

 

でも、どーせ、わし等の方が早くあの世に逝くんだから、キノコを楽

しむ時間は若者には、これからたくさんあるから相殺だ。

 

菌学は貧学という時代も終わっただろうから、これからの若者には、

キノコ的チャンスがあるかもね。きちんと義務教育課程を得て、高校

までは立派に卒業してだな、好きなことが出来る就職先に入社する事

だな。

まぁ、デカイ傘の下に入って研究開発して高給取りかな?

 

 

というより……

 

このblogに来るヤツって団塊だろ?!

 

 

ブログってのは、閑人の成せる技と思っているんだけど、時間を作ろ

うと思えば出来るモンだと最近は思っている。

が、その分、やはり犠牲になるモノはあるね。

何の見返りも無しで毎日更新ってのは、結構キツイわ。

試しに広告でも出してみっかな(笑)

 

でも、他のblogを見に行って本文より先に広告が出て来ると、ウザイから

引き返しちゃうことが多々あるよ。あれって失礼だよな。

しかも、PC画面の下側に黒い帯で出て来る広告。視野を狭まれたようで最

に腹が立つ。そういったサイトを踏むと、もの凄くムカツク。

あ、しまった、儲けさせちゃった……って。

この運営者って楽して儲けようって、イヤなヤツだなって。

せめて読み終わった後にしてくれって感じだよ。

 

前金制パブかよ!って、わしが払うわけぢゃないけどね(笑)

 

い、いや……わしも、やってみっかな?(笑)

職業ブロガーって…… カックイイ!!

 

                         (´・ω・`)ノ゙ あさっておいで……

 

 

 

 

 

さて、今回はカワムラフウセンタケの話。

前回のキノコ狩りでは、初日にチャナメツムタケが大量収獲だったん

だけど、朝一番で入ったシロでは大した収獲がなかった。

 

で、その時に収獲したのがカワムラフウセンタケだったんだよね。

 

最初、全くキノコっ気が無い山を歩いていて、無駄に疲ればかりが

募って行って、こりゃ、もうキノコ狩りも終わりかな?という気分

が先行して来ちゃってね。

 

ベニタケすら見当たらないんだから、苦労して夜通し走って来た意味

がないぢゃん……とまで考え始めた。

 

登山の途中で、早々に諦めて引き返し始めた。

不思議なモノで往きには気付かないが、帰りに気付く事があるのが

キノコ狩りだ。

 

このカワムラフウセンタケ、地上に頭を出していたわけではなく、

周囲の落ち葉の堆積が少々盛り上がっていたので捲ってみたわけで……

 

しかし、わしは今までカワムラフウセンタケなるキノコを収穫した事

もなければ、見た事も無い。

とりあえず、落ち葉を捲ると、かなりまとまってキノコが出て来たので

全てを収獲して来た。

 

 

 

 

まあ、この山ではこのカワムラフウセンタケと、1個のハナイグチ、

カノシタを少々収獲してマシンに戻った。

 

カワムラフウセンタケと言うことも不明で、何かのフウセンタケ類と

言う事しか分からないまま、次のシロに向かった。

その後チャナメツムタケを収獲し、次にカヤタケを狙って標高1500m

まで足を伸ばしたが、既にその山ではキノコは終わったと見えて、何も

収獲する事無く宿に戻る事になった。

 

前々回の約半月前と比較すると、もの凄い減収量である。

 

 

 

 

宿に戻ると、朝収獲したカワムラフウセンタケがもの凄い変色をして

いて驚いた。濃い紫色に変化していた。

図鑑で調べたところ、他にこの収獲してきたキノコと合致するキノコ

は見当たらないということで、カワムラフウセンタケと決定した(笑)

 

このカワムラフウセンタケ、結構日持ちが良く収獲から1週間近く経っ

た昨日、吸い物に入れて見る事になった。

 

 

 

 

 

表面の紫色は少々薄れた感じだが、包丁で割くとまた断面が紫色に

変化する。

キノコってのは不思議なモノで、冷蔵庫の中で生き続けているのか?

と思う事が多々ある。

 

もっとも、野菜だって腐らずに保管出来ている間は組織が生きている

のだから、同じ事と考えられるのか……

 

で、刻まれたカワムラフウセンタケを吸い物に入れて試食してみた。

 

かなり、しっかりとしたキノコで歯応えもシャキシャキして、なか

なか美味いキノコだ。

 

 

 

 

やはり、茹でても紫色ではあるが、見た目は悪くなく、何の抵抗も

感じる事無く口に運ぶ事が出来るキノコであった。

 

またひとつ、美味しいキノコを覚えたわけだが、今回の発見状況か

らして、なかなか見付けるのは厳しいかもしれない。

 

しかし、あれから1週間経った現在でも自生しているのかもしれない

なー……

あの場所でまともなキノコがこのカワムラフウセンタケだけだった事

を考えると、かなり晩秋のキノコなのかもしれない。

実はこれからが本番のキノコなのか??

 

と思ったが、どこのサイトを見ても発生は夏〜秋としか書い

てねーわ……

 

あ〜まだまだキノコ狩りに行きたいモノだが、これ以上やっていると

疲労が溜まって本業どころぢゃなくなるので、ゆっくり休む事にしよう。

 

3年間、頑張ってやっとまともに自然キノコ狩りが出来るようになった。

やっぱ、学業の3年間って有る意味上手な区切り方だよな(笑)

 

3年学業が耐えられないと言うことは何にも耐えることが出来ないという

事になるのか……石の上にも3年……昔の人は賢かったんだなぁ〜

 

まあ、わしの場合は3シーズンだけどな(笑)

 

 

 

 

自然科学 - 科学ブログ村 

  ↑↑気が向いたらポチっとしてね……(;´Д`)ハヤクゥ〜♡

 

 

 

 

 

コメント
カワムラフウセンタケみたいに
発見者でも無いのに献名で種名を付けるのは
権力者に媚びを売って擦り寄ってるみたいで気持ち悪くて嫌いです。

本文とは全然関係無い話ですがw
  • まねき屋
  • 2016/10/31 6:36 PM
イヤな世界ですね……

わしも媚び売ってマネキヤモムスミレオゴリタケとか申請しましょうか?

通らないと思うし、本文と更に関係ないけどw
  • きのこ堂  ちば!
  • 2016/10/31 8:16 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

amazon

Twitter

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM