ウスヒラタケ……良好キノコと水分過多のキノコ

  • 2016.10.08 Saturday
  • 18:09

 

   まいどぉ〜 (゚∀゚)ノ

 


今からの季節は、ヒラタケが旬だろうな。

 

原発事故前までは天然ヒラタケが、わしが生息する
関東でも普通に収獲出来た。

まあ、今でも放射能を気にしなければ収獲して食べる
人はいるだろう。

 

わしは、汚染されてしまったキノコをわざわざ採取しに行こ

うとは思わない。現在、このblogを初めた当初より大分年齢

を積み重ねてしまったが、実際放射能の影響を受けやすい年齢

としては「妙齢w」である。

 

知っている情報を総合すると、やはりわざわざ体内に取り込む
こともなかろう……と思う。
気にすると気にしないとでは数十年後、身体に出る影響が違う
とも言われている。

 

まあ、最近は周囲も気にしなくなって来ているしね。
日本人の考えってのは流行りやすくて冷めやすいとは昔からの事
だから、震災から5年以上過ぎると生活に僅かな影響しか受けな
かった人々がまた普通の日本人に戻って行くんだろう。

 

まあ、嘆いても仕方が無いのだが、なんとか今まで生活して来られ
たから良いと思うしか無い。

結局、わしも流されてしまっているのかもなー……

 

わしのシロだったところには、食材として採取出来るキノコは、
ヒラタケ、エノキタケ、ハツタケ、イグチ類、アラゲキクラゲ、
ヌメリスギタケモドキ……まあ、秋の楽しみで、業務のちょっと
した間でも収獲出来たものだ。

現在、原発事故後は、ホットスポットになってしまって、1回もシロ

に足を踏み入れてもいない。

 

原発事故前の記録を今更再び出しても仕方がないのであるが、以前
はちょっと通りかかったところでも町場でのキノコ狩りとか出来たん
だよね。

 

まあ、交通量があまりにも激しいところだとキノコ自体が排気ガス
を、廃熱や排煙を出す工場の近くだとその成分を吸収しちゃったり
しているんだろうけどね……

 

 

画像のウスヒラタケは、ちょっとした広い市道の枯れてしまった
街路樹から発生していた。

8年前だね。

好天が続いた初夏の日だった。

 

 

何でこの時期にヒラタケが発生しているのだろうか?と当時は自然
キノコについての勉強が足りなかった自分はそう思った。

 

 

どう見たって、色、形がヒラタケそのもので不思議だった。

しかも画像のようにコンディションが良い張りがあるキノコである。

乾燥具合と水分含有率のバランスが良好と思われる。


自然キノコなんて、覚えるのが難しいし、毒キノコも原木から出る
キノコの方が地ベタから出る毒キノコよりも少ないと思っていた事

から、自然キノコにあまり興味が持て無かったのは事実。

 

実際、わしの周囲では地ベタから発生するキノコで人気なのは
ハツタケオンリーで、その他はほとんど採取されないからだ。

 

まあ、テングタケってのは見た目で直ぐに判るから誰だって採取
はしないしね。

そして、ベニタケ類ってのは赤いのや、黒いの、白いのって多種
あって、喰えるのはその中の数種。

もっとも、完全に覚えてしまえば収獲の幅は広がるんだろうけどね。

 

当時、原木キノコ栽培者として、そのノウハウについては結構勉強し
たものだが、売られている種菌以外の腐朽菌となると、やはり勉強が
足りなかった(苦笑)

 

栽培だけで満足していられれば、それに越した事は無いのだが、ガキ
の頃から両親に連れられて海辺のハツタケ採りや林の中の山菜採り
に行っていた事を思い出すと、やはり自然のモノが好きになっても
仕方がないのかな?

 

というより、海辺の松林ではキノコなんかよりカニを追いかけて
いたけどなー

あの逃げる速さに子供ながら興奮して追いかけていたわ。
最終的には穴に逃げ込まれて悔しがっていたんだけどね(笑)

 

 

あ、話が逸れちゃったわ。
blogの記事って書き出すと、いろいろと脳内から溢れてくるんだよね。
気が付くと夢中になってタイピングをしていて、時間が過ぎている事
も忘れてしまいがち。
気が付くと無駄に長い下手クソな文章になっていたりしてね(苦笑)
まあ、いつもの事だけどさ……

 

 

8年前に収獲したコンディションが良いウスヒラタケ

 

で、ウスヒラタケを収獲して来て並べてみると、やはりヒラタケに
よく似ている。
8年前当時、松戸市の街路樹だったフウノキの枯れ木から発生していた
モノを収獲してきて佃煮にしてもらってみた。


時期的に腐らせても勿体ないということで、甘辛く作って貰った
と記憶している。

 

 

しかし、このキノコも、あまり大量にあってもやはり飽きてしまう
んだよね。


初めの頃は飯の友くらいの勢いで食べているんだけど、日をおうごとに
飽きてきちゃってさ……贅沢言うなと言われても仕方ないんだけどね。

8年前は、折角良いウスヒラタケが収獲出来たんだけどね……

 

 

で、今年。
先月に信濃の国で久々にウスヒラタケを見付けた。

しかも台風の翌日……

 

 

 

もう、向こうに行くと雑木ってのが少なくて、シラカバくらいしか無い
んだよ。


もっとも、オオツガタケをメインでキノコ狩りをしているわけだから、
雑木なんてほとんど無いところが多い。

 

で、ちょっとシラカバが優先的な森に足を踏み入れたんだけど、まあ、
ベニテングタケの1〜2本も見られればラッキーかな?ってな感じで。

まあ、やはり立ち枯れたシラカバってのは中にはあるものでね。
そこで、腰の高さ〜胸の高さくらいの位置でキノコがビッチリ生えて
いたんだわ。

 


ちょっと離れたところから見たら、久々にヒラタケを見付けたと思った。
まあ、不思議と8年前の松戸市での出来事に似た感覚だよ。

 

 

 

で、近づいて見ればウスヒラタケが大量に発生していてさ。
久しぶりだから、それも嬉しくて、全て採取してきた。


今回は雨上がりのウスヒラタケなものだから、傘の縁が水分の重みで
下がり気味になっていて波を打っているモノがほとんど。

 

 

 

 

収獲後、画像のこれっぽっちしかないキノコが水分を多量含んでいて
重いこと……

水分含有率が高く、キノコのコンディションとしては最悪に近い状況である。

 

宿に戻って、どうやって楽しむかと考えた末、やっぱり佃煮にして貰った。


しかし、今回は収獲した割には縮んでしまって、嵩がそれほどでは無かった。
まあ、ほとんどの水が出ちゃったんだな。

でもね、やっぱり炊きたてのアツアツ飯の一口目に、この佃煮を乗せて
頬張ると美味いもんだよ。

 

 


ヒラタケやシイタケと違って厚みが無いキノコなだけに何の抵抗も無く
すんなりと食べる事が出来る。

味付けも良く浸みる。
食感としては、やはりプアーな感触は否めない。

 

まあ、でもこれがヒラタケだったら厚みがあるからまた調理方法が変わ

って来る。もっともこっちの方が噛み応えがあるから、いろんな調理に

使える。

 

で、雨で濡らしたヒラタケ系を数日後の晴天で乾燥し、再度降雨にあたっ

ヒラタケを収穫して喰うと、濡れた圧縮ダンボールまたはゴムを噛むよ

うな状況になっている可能性があるので注意が必要だ。

 

しかし、地ベタから自生するキノコは種類にもよるが一体何年くらい同じ
場所または、その周囲から発生する事が出来るのかが不明であるが、原木

の場合はある程度はキノコが発生する期間の予想が出来る。

 

こういった事から全不朽菌の採取においては「もうこのボク(原木)も終

わりだなぁ……」って諦めが付く。

ということから、継続して倒木や立ち枯れた広葉樹の切り株等が山にない

と収獲が出来ないと言うことになるわけだ。

 

皮肉な考えではあるが、環境に適合できなかった街路樹が立ち枯れていた

場合や、間引き伐採後に残された切り株等、そこに何かしらの腐朽菌が発

生する事になる。
身近で楽して収獲出来るといった事が出来るかも知れない。

 

 

いくらなんでも、これは有用ぢゃねーな(笑)

 


そこに発生したキノコが人間にとって有用なキノコだった場合は、ラッキー

な出会いがあったと喜べばいいんだけど、それもまたなかなか難しいかもな。

 

街路樹から大発生しているキノコなんて景観が悪いといった通報でもあれば、

役所の管轄で直ぐに撤去に来るだろうから、町場のキノコ狩りもやはり難し

いのかもな……

 

腐朽菌狩りは安全なキノコ狩りと言えるかも知れないが、その発生が枯れ

た原木といった限られた場所ということから、競争率は高い。

 

安全と言ったって、腐朽菌の中にも毒キノコはあるので、注意が必要である。

ツキヨタケがヒラタケやムキタケ狩り、ニガクリタケがクリタケ狩りの際に
間違う事が無いように見分けられるようにしておくべきかな。

 

さて、またしても信濃の国に来ている。

いろいろと採取出来てはいるんだけど、今年はキノコ的には

夏が長い年みたいだわ……

 

10月も中半だというのにまだまだシロは暑いんだよ。

 

 


自然科学 - 科学ブログ村  
    ↑↑
 
は、はやくぅ〜ぅw……ここを押してぇ〜ん(笑)

 

 

 

 

コメント
>雨で濡らしたヒラタケ系を数日後の晴天で乾燥し、再度降雨にあたっ
>たヒラタケを収穫して喰うと、ダンボールを噛むような状況になっている
>可能性があるので注意が必要だ

段ボールの様な歯応えも変な味もありません!
無味無臭のただのムニュムニュの塊でした!
  • まねき屋
  • 2016/10/11 12:08 AM
をー貴重な体験談をw

そっか……失礼しました。
そう言えば「ゴムヒラタケ」だったよーな……w
では、これから加筆しておきますm(_ _)m
  • きのこ堂  ちば!
  • 2016/10/11 4:35 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

amazon

Twitter

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM