ヤマブドウ栽培……今年の怠慢と結果

  • 2016.10.03 Monday
  • 21:11

    まいどぉ〜 (゚∀゚)ノ

 

 

 

 

今回は、ちと休題。

 

 

キノコの季節で情報配信したいのはチョモランマ(山々)なんだけどさ。

 

ここらでヤマブドウ栽培の今年の収獲の話。

 

恥ずかしい話で例年春先に芽が吹かないと男木と女木がどっちだか判らん(笑)

 

そこから男木を優先に剪定をするんだけどさ……
切っても切っても切れば切るほど雄花を咲かすんだよね。
もう、呆れるよ。


盛りの付いた男子みたいに(;´Д`)ハァハァ……(;´Д`)ハァハァ……(;´Д`)ハァハァ……
って雄花を咲かすんだよ。

 

はっきり言ってムカツク(笑)

 

で、当然花粉と花弁だけばらまいて、それが終わると一気に枝を伸長させる。
これが、どうしようも無い勢いで繁茂する。

この開花時、少なくなっていると言われているニホンミツバチが狂喜乱舞し

にやって来て、羽音が家の中まで聞こえる。

 

この男木の所為で2日〜4日に一回は剪定をしないと、あっという間に我が家
はヤマブドウの蔓で覆われる……

まるでお化け屋敷だよ。外から見たら……

 

で、女木の場合、受粉したのを確認して、小さな結実が開始されると同時に、
その先の新葉を蔓とともに伸長させるが、男木ほどの勢いは無い。


まあ、実を成長させることを優先しているからだ。

で、ある程度伸長してきたところで、比較的太い蔓を形成したモノを2節残し
で剪定をする。

 

すると、そこから雌花を形成し、結実を開始し始める。時間差交配をさせる。

雄花は盛りが激しい馬鹿ヤローだから何時でもこの時期は花粉を巻散らしている

ので、これを逆利用する感じかな?(笑)

 

これを大体、5月〜6月中旬までに行う。
これが収獲量を増やすコツ。

 

 

2階のベランダの屋根まで育ってしまった……物干し竿がブドウ棚になってしまった(苦笑)

 

 

なんだけど……この作業をしなかった場合、収量がガクっと落ちるんだよね。
今年は、その時期が多忙過ぎてしまってこの作業を怠ってしまった事から収量は例年

よりは落ちゃったんだわ。

 

まあ、繁茂は前述の通り、ヒデーもんだったわ。

もう、自作サンルームに吊してあるソーラーランプなんか一切点灯しやしない(笑)

 

 

 

 

画像のダンボールに3箱しか収獲出来なかった。

20kg欠けるかな

 

まあ、別に我が家の場合、サンルームのグリーンカーテンになってくれれば
それでオッケーなので、いいんだけどね。
ポー様やネコ殿が蒸し焼きになっちゃ困るし(笑)

 

まあ、あまり繁茂させすぎると防犯上も良く無いので、来シーズンはこまめに
剪定をしてやろうかと思う……

 

剪定しないと木自体もブクブク太ってしまい、木と木が絡まって螺旋状に絞め

合ってしまうから、そういった注意もしないとな……

 

って、いったい何処まで放置栽培なんだか……

 

 


編のキノコ栽培記・きのこ堂本舗 へもどうぞ

自然科学 - 科学ブログ村  
    ↑↑
 ここをクリックしますと、わしのラン キングポイントになりますが、

            他ブロガーからの最新情報も読めます。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

amazon

Twitter

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM