原木キノコ栽培 原木の入手は以前から困難である

  • 2012.02.29 Wednesday
  • 15:44
         こんにちは。
     
    <( _ _ )>



きのこ堂日記の原木栽培の基本は「原木入手から食卓まで」

という目標を設定して行って来ました。


きのこ堂は、趣味の範囲での原木キノコ栽培なので、採算性に

重点はおいておりません。


あくまでも、趣味の範囲です。


初めて原木栽培に挑戦したのは、本編(HP)にもありますが

シイタケの原木栽培でした。



原木栽培を始めたきっかけというのは、本業で使用する倉庫移

転のために、雑木林を賃貸契約し、そこに自生する雑木を自ら

伐採し、倉庫を建てたからだ。



そこで伐採した雑木をそのまま放置したのでは勿体ない、何か

に使えないのか?という事だったのです。



こんな理由で始まったのですが、接種当年、見る見るクロコブ

タケに原木が侵されて行く状態でした。



軽い気持ちで「種こま」種菌を購入し、なにも知識の準備が無い

まま、種菌の梱包にあった簡単な接種方法や栽培方法だけはやっ

たのだから、放っておけば、そのうちに出てくるだろう……



と、そんな気持ちで始めたものですから、今では入手困難になっ

てしまった貴重な原木をかなり無駄にしてしまったのである。



そして、絶対に発生させてやると、翌シーズンからの試行錯誤が

開始されたわけです。



原木栽培を行うにあたって、まず、どんな種類のキノコを栽培し

たいのか……


それによって調べなくてはならないことが沢山あります。



原木栽培開始当時、インターネットもやっていなかったので、文

献を探しました。

地元の大きな書店に行ってみますと、キノコ図鑑や、ハンドブッ

クといった本は沢山ありました。



栽培書って、数は出ていなんだね……ガーデニングの本は多かっ

たけど。



よく探してみますと、たった1冊だけ「図解 家庭でできるキノ

コつくり 大貫敬二著」がありました。





そして、この1冊を購入、この本をきっかけにキノコの原木栽培

嵌っていったのです。



まず、この本を見て驚いたのが、原木で栽培可能なキノコの種類

の多さ。



今まで、まさか自分が栽培なんかするとは、夢にも思っていませ

んから、あれも、これも栽培出来るモノなのか!と、驚きと同時

に楽しみも増えたと感じました。



それまでの趣味はヤマメ釣りでした。



平成不況で、毎日毎日仕事に追われ、この繊細な釣りを楽しむ事

が出来なくなっていたところですから、仕事の合間に地元で出来

る趣味としては、最高だったのかもしれません。



今でも景気が良いわけではありませんから、楽ではありませんけ

どね(苦笑)




これから下は、原木栽培に挑戦したいという方は覚悟して読んで

ください(笑)




まず、原木キノコ栽培を行うにあたって、どんなキノコを栽培し

たいのか?を決める事が先です。

原木栽培出来るキノコには、接種する種菌によって適合・不適な

樹種があるんです。



一般的に多い例を挙げると、シイタケを栽培したい場合、栽培し

易いという事で、一番流通している原木が「コナラ」です。



その次に一般的に栽培者が多いのがナメコ。


ナメコ用には「サクラ」の原木が流通しています。



しかし、闇雲に適合樹種を購入し、そのまま種菌を打ち込めば良

いんだな。と、思いますが、そんな事もないのですねー。



購入原木の難しさは、接種出来るまでに「どのくらい乾燥」して

いるのか?という事が問題になります。




まあ、売っているんだから、そのまま使っても、もう大丈夫なの

かな?



この乾燥具合で、接種時期が決まるわけですが、接種する予定の

種菌や栽培方法によっても違いがあるので、ここのところに注意

しなくてはなりません。



わしは、購入原木は何時、どこで伐採されたモノなのかが不明な

場合、購入はしません。



原木の入手方法としては、公園伐採樹、建設現場、区画整理造成

地等がありますが、公園伐採樹を頂く時は、そこの現場監督や管

轄する自治体へ問い合わせる事が絶対です。


街路樹でも同じです。


既出画像ではありますが……



建設現場の場合は、民間の業者や大手ハウスメーカーの工事現場

が多いので、こちらも、現場監督の許可を貰わないと、頂けませ

ん。



伐採業者に直接交渉しても、判断してくれません。



建設現場の場合、業者は「伐採樹木の処分費」を見積もってある

ので、契約上、譲って貰えない事が多いです。



しかも、工事関係者以外を立ち入れてしまうと、無関係者が立ち

入って原木を持ち出している最中に怪我でもされたら迷惑です

し、土地所有者の個人情報の漏洩等、業者間での責任問題までに

発展してしまう可能性もあるので、現代では難しいかもしれませ

ん。




区画整理造成地は広大な山林や雑木林を開墾しますので、その広

さを利用して、原木の処分は大型車やトレーラーで、長いまま搬

出されてしまいます。




おそらく、再処理工場へチップ材等、再利用のために運び出され

て行くと思います。



なので、万が一、栽培に適合樹種の切れ端などがあれば、こちら

も現場責任者の方に相談してから頂くしかありません。

造成地での入手は、原木が長すぎるため、入手は無理だと思いま

す。



運び出せる能力は、趣味程度で栽培する人には無理かと……

その他、林業・農業振興組合等へ問い合わせて見るのも手です。



こちらは、欲しい原木の樹種、太さ等を予約し購入します。

購入することによって、何時、何処で伐採してきた原木かが判

ります。



尚、絶対に盗伐は、やってはいけません。



ネット上でも、勝手に他人の山や、雑木林、国有地から伐採

して持ち出して来る輩がいますが、はっきり言って



「ドロボウ」です。



少しでも処分費を節約したい、搬出量を減らしたいと思ってい

る自治体や造園業者へ問い合わせて探す方が賢いかと思います。




当時、伐採しても良い樹があるという話しが来れば、ホイホ

イとチェーンソーを持って、出掛けていました(笑)



しかし今では、放射能汚染地域の原木を使うのは、やめた方が

無難かと……




やはり、木材は貴重だ……




本編のキノコ栽培記・きのこ堂本舗 へもどうぞ

自然科学 - 科学ブログ村
  
    ↑↑
 ここをクリックしますと、わしのラン キングポイントになりますが、

            他ブロガーからの最新情報も読めます。


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

amazon

Twitter

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM