土壌汚染との戦いは、試行錯誤の連続だ。

  • 2011.09.13 Tuesday
  • 09:15
             こんにちは。
     
 <( _ _ )>

長年の疲れが、とうとう出てしまい、先々週から体調を崩してお
ります。

思えば、4年前のホダ場問題から始まって、裁判、移転、業務、
その他いろいろと、普通の方の人生と比較するつもりは、あり
ませんが、よくもまぁいろいろと問題が山積みになった歳月を
過ごしてきました。

そして、業務が好転し始めた頃、大震災があり、原発事故も
発生しました。

今年までわしは以前より、不動産の価格の下落を注視して
きました。

そして、安価物件が出たので、畑用として空き地(宅地)を入手
する事が出来、これで、野菜類は安定して入手出来る。
後は、自分の勉強次第だ……と思っていた矢先に、放射能が
降り注いで来ました。

3月21日、関東地方に放射能プルームが北東の風に流され、
雨を降り注ぎました。



とりあえず、春蒔きの野菜は、諦める事にしました。
茨城県〜千葉県産の葉物野菜から、高ベクレルが検出されると
いうニュースが飛び込んで来て、出荷制限とかされたからです。

これは今、重機で荒れ地を鋤込んでも危険と思ったからです。


しかし、畑用に入手した土地は、もともと長年駐車場だった土地。
一応、自動車が出入りしていたために、採石が敷いてありました。

いずれにせよ、表面の採石だけは鋤取っておきたかったのです。
その下には、放射性物質以外にも、震災前、自動車が持ち込んだ
成分も浸透している可能性も考えられたからです。

しかし、春先、一回撒き散らかされただけで、もう今後、放射性物質
が、流れて来ないという保証はありません。

一応、ガイガーカウンター(線量計)を購入しました。
かなり高価でしたが、国内に在庫を持っている店を探し、
なんとか数日で入手する事が出来ました。





とりあえず、畑地にする予定部分の60%の表面土壌を鋤取って、
敷地の日陰側へ寄せてみることにしました。

ところが、砂利が残っているところは、0.3μSV以上を表示します。
いきなり警報アラームが鳴り、驚きました。
福島レベルではないので、まだ頑張れるかなと。



鋤取った砂利下でも0.25μSVくらい表示されます。

とりあえず、少しでも、土壌をクリーニングしようと思い、少々重機で
表土を柔らかくしました。
もう、鋤込んではいけないと言うことは分かってはいましたが、硬い
土の上に犠牲作物の種子を播いても根が入って行きません。

因みに下は震災前の千葉県の土壌汚染マップ




タダでさえ、千葉県北西部は「窒素過剰気味」という報告もあります。
そして、下は放射能汚染マップです。



ま、どっちも一緒に対策を行えれば、一石二鳥ということで、
とりあえず、日本土肥学会や、チェルノブイリ事故後の対策、
その他研究結果等を調べ上げ、何を犠牲に播くか?を考え
ます……

耕地の対策としては……簡素的に2つの対策を挙げると……
(ヨウ素は半減期を過ぎ、既に時間が経っているので、今回は
考慮しませんが、鉱物吸着力が強く、カリウムにそっくりな働きをする
セシウムに焦点をあててみます。)


1.犠牲作物にセシウムを吸わせ、土壌から放射性物質を抜く。

2.カリウムを多めに撒き、作物にセシウムを吸わせない。

という方法が代表的な考えですが、1はセシウムや放射性物質を
吸わせた犠牲作物の処分方法が問題になります。

2は、カリウムを多めに撒いた畑から作物を収穫したからって、
確実に汚染はされていないのか?という心配があります。

わしは、農業が本職ではないので、悠長な事を言っていられるの
かもしれませんが、本職農業家が焦って、出荷するのもどうか?
と思ったりもします。

もっとも、補償問題もはっきりしなければ、農家だって不安でしょう
けど。

あるタレント先生が、東北のあるエリアを怒らせてしまいましたけどね……
まーどっちも、どっちだ。

そこで、わしは、今回は前述の対策法の「1」を行う事にしました。

とりあえず、播いたのは、キビをメインに、タカキビ、ソバ、トウモ
ロコシ、リョクトウ、オオムギ、コムギ等の穀物です。

はっきり言って、愛鳩ポー様の食い残しですわ。

それから、数ヶ月経ちました……雑草もそのまま、抜きません。




見事にキビが実りました。
種子が落ちる完熟の寸前、全てを抜き取ります。

抜く際には、アスベスト対応の防塵マスクは必須です。
そして、抜いたキビ等の穀物や草は土嚢袋に押し込み、
作業場敷地内で、乾燥保管です。

一切、生ゴミとして各自治体のゴミの日に
出してはいけません。

焼却拡散してしまうからです。

どっかのアホ市長は黙って25tも既に濃縮汚染灰を埋め立てて
しまったとか……

まあ、行政が動かないので、焦った市民グループが、通学路の
草刈りや枝を剪定し、そのゴミを集荷日に出したのでしょうね……
行政側から言わせれば……

____________________________


7月末……まだ完熟期を迎えていない穀物類だけ、そのまま残し、
背を伸ばさせます。



もう、正直、数年は作付けは無理だろうと思っていますので、あら
ゆる穀物が実を生らす楽しみになって来ちゃいました……

とりあえず、またここで、線量計を持ち出します。



を〜……
キビ等の穀物を抜き取った土壌表面は0.12〜0.15μSVくらい
表示されるようになった……下がったよ……

でも、実際は検査機関で調査して貰わなければ、正確な汚染度は
出ません。
表土から5cm下で何ベクレルがあるのかは、線量計では、計測で
きませんから……

根から抜き終わり、空き地に戻った畑予定地へ今度は、一切、
鋤込みはせず、アマランサス・クルエンタスを播いた……

が……前作の穀物に養分をすっかり吸われたせいか、全く育たない……

ところが、春に表土を取らずに残しておいた40%部の砂利(採石)の部分。
ここだけが、異様にアマランサスの生長が良い。



わしが予想するに、セシウムは雲母との結合が強いという情報もある。
と言うことは、採石に混じっている雲母には、いまだセシウムがあり、
雨が降る度に、根に浸透、アマランサスはカリウムと思い吸収している
という可能性も考えられる。

既に、得意技だった原木キノコ栽培は、完全に諦めた。

今年、シイタケを2000コマ接種したが、露地栽培だったため、
諦めざるを得なかった。





近所の森に入ってみた。
入り口付近に、腐朽菌が発生している朽ち木に線量計をあててみた。




おいおい……0.5μSV前後を一気に表示する……
あまり気分は良くないよね。
自分が努力している畑予定地の傍でこれだもん……


更に、ここ数日、タカキビを定期的に収穫している。
上のホダ木画像に写っている様に、赤みが増してきたからだ。
収穫した実に、線量計をあてても、特に目立った反応はしない。
で、一応、束にした後、ぶら下げて干す。





しかし……





ヤマバトにやられる……(-ω-;)


尚、タカキビは、根ごと抜かなくても、実だけを収穫すれば、また根元
から新芽が吹いてくるので、余分な大きな葉だけを刈り取る。
そして、いつものように土嚢袋へ押し込む。



そこで数日間、日干しにして枯らす。

そして刈り取って枯れきったタカキビの葉を集めた袋の中を測る。




ん……なかなかな線量だ……
こんなもん、ゴミに出せないわい。
後に、敷地内に穴を掘って埋めるしかない。
そして、表土に放置して腐らせてもいけない。
また、土に染み込むからだ。

さて、鋤取りをやった予定地(60%)の表面線量は下がって、今の
ところ安定した数値を保っていますが、なんたって、前作の穀物に
養分を吸い尽くされ、なにを播いても発芽しちゃ、枯れて行く……

8月の1ヶ月はロクなモノが育たず、春の居残り組みの飼料用トウモ
ロコシと、タカキビだけだ……

もう、放置なので、いい加減なものだ。
無理に実を生らすことによって、養分をどんどん吸うだろうと勝手に
思いこんで、この有り様(苦笑)



一節に5本の実……ありえねぇ……

何も生えて無いのも、寂しいので、オーツ麦、エン麦、キビ、リョクトウ
を播いてみた。

ま、土地をダイエットしたついでだから、ちょっと硫安(N)も撒いて
みた。

げんきんだねぇ……



オーツ麦……種まきから4日で、発芽〜5cmだよ……

さて、まだまだ「きのこ堂」の「ファイトレメディエーション」は続く……



自然科学 - 科学ブログ村  
    ↑↑
 ここをクリックしますと、わしのラン キングポイントになりますが、

            他ブロガーからの最新情報も読めます。


コメント
久しぶりのプログですね。
タカキビの向こうに野生のブドウらしきものが見えましたが、実は付きましたか?
土壌の除線にヒマワリではなく、穀物を選ばれた理由はなんでしょう?
早い体調復帰を!!
  • カグー
  • 2011/09/14 7:55 PM
誤変換の訂正
除線→除染
  • カグー
  • 2011/09/14 10:22 PM
こんにちは。

ブドウは、結実より伸長を優先させています。


>土壌の除染にヒマワリではなく……

独自の調査の結果、季節限定のヒマワリを
植えるという理由がわかりません。
見た目が良いからかな?


穀物を選んだのは、季節相応のモノを選べるからです。


>早い体調復帰を!!

頑張ってみます。

「除染」って、新用語みたいなモノだから、PCにとっては
「想定外」かと……

  • ちば!
  • 2011/09/15 6:24 AM
コメントを書いた直後、農水省のヒマワリ除染効果なしのニュースを目にしました。15日のブログも拝読しました。除染といっても、結局、取り除くというより、どこかへ汚染を移動するだけのことなんですね。
  • カグー
  • 2011/09/16 7:02 PM
カグーさん、こんにちは。

>結局、取り除くというより、どこかへ汚染を移動するだけのことなんですね。

仰る通りで、御座います。

ファイトレメディエーションの問題がそこにあります。
セシウムの特性を十分に得た上、「自己責任」で、自分
の畑地で処理する覚悟が無ければ出来ません。

幸いなことに、年間1〜1.5cmしか土壌に染み込ま
ないことから、数百年は地下水には侵入しないでしょう……

わしの、生息する地域ではですけど……

その間に、他の原発が事故を起こさない限り、今回の事故
で放出されたCsは崩壊するでしょう……

  • ちば!
  • 2011/09/16 9:44 PM
わたしの生息域の野生のキノコ、および庭の榾木のシイタケはアブナイですかしらね?
  • カグー
  • 2011/09/18 5:30 AM
こんにちは。

放射能の値は数m位置が左右上下しても変化が大きい場合もあるし、地形でも左右されます。

なので、大丈夫とは言い切れません。
野生キノコは、お勧めしません。

尚、原発事故以降の放射能の動き

http://www.youtube.com/watch?v=ni3HX9_lLtA

動画左側が放出された放射能の動き、左画像左下が日時です。 3月21日〜23日があやしい。

文科省発表の食品データ
(わしは、信用していませんが……どうせ抜き取り検査でしょうし)

http://atmc.jp/food/?f=%E3%82%B7%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%82%B1

文科省発表の検査項目に、カグーさんの地域におけるデータが見つからないので、残念ながら、露地シイタケはわかりません。<( _ _*)>
  • ちば!
  • 2011/09/18 7:11 AM
こんにちは。

近所の人がこちらでいうイッポン(ウラベニホテイシメジ)をたくさん採ってきてて、くださるといってくれたけど……。残念! キノコのない秋なんて!

こちらへも来てますもんね。
http://www.pref.yamanashi.jp/taiki-sui/documents/koukabutu_mar-aug.pdf

ありがとうございました。
  • カグー
  • 2011/09/18 2:13 PM
食物の汚染について書かれていたので
少し言わせていただきたく
失礼いたします

小出裕章先生が仰っているように
汚染されたものであっても
ある一定以上の年齢の方々は食べるべきだと思います

http://img4.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/a2/a2/ta1tataro/folder/280754/img_280754_6465099_0?1315315318

このコメントを目にして下さる全ての方々に言いたい
放射能への感受性がほとんどない年齢の方々が食べないと
間違って子どもや若人の口にはいるかも知れません

今の社会では20〜30代の方が貧しいですし
その方々が子どもを産み育てて居るのですから

売っている野菜などの食品を選ぶ時も55歳以上の方々は
55歳以下の方々に安全なものが優先的に回るようにすべきです

近所の60〜70代の方々が「放射能入りは食べたくない」と
避けているのを見て
反原発や反核をやって来た訳でも無いのに
昭和4〜50年代、原発が日本に入ってくるのを止めなかったくせに
その時もう大人だった世代の人達が「放射能を食べたくない」なんて
少し無責任だなと思わずには居られません
  • 通りすがり
  • 2011/09/18 6:05 PM
小出先生のご意見は耳タコぐらい聴いてますので、はい、少々の放射能汚染作物は格別に高価でないかぎり購入いたしますです。汚染された野生のキノコまではすすんでいただないかもですが……。
  • カグー
  • 2011/09/18 6:21 PM
こんにちは。

なんだか、コメントが増えてて、驚いちゃった……

カグーさん、キノコが無いのは寂しいですね。
しかし、よく甲府の測定値がみつかりましたね。

上の通りすがりさんが、貼ってくれたグラフですと、
まあ、見慣れたグラフですが、わしは微妙な年齢ですね(苦笑)

いちいち食品の汚染は個人的には計測出来ないので難しい問題です。

小出先生は、原発の修復においてシニア集団「一般社団法人 福島原発行動隊」にも参加されております。

http://svcf.jp/

わしも、60歳過ぎていたら、登録したいものですけどね。

しかし、今現在の原発の状況では、技術者の大先輩である彼らを投入する事は、国にとっても、後継者の指導者を失いかねないと思っているかもしれないし、わしにとっても、今政府が不安定な時期に行かれても、残念だと思います。


>通りすがりさん

そうですね……
わしも、ものごころついた頃には、原発がありました……
免罪符とは言いませんが、政治も知らなければ、選挙権も
持てなかった時代だったと。

そして、一番景気が低迷している上に震災をまともに喰らった中堅世代になってしまったし……
上からも下からもサンドイッチ状態ですわ。

正力氏、中曽根氏をはじめ、当時の権力者は要らぬモノを持ち込んだ罪は大きいし、その方達を許した世代にも、遠回しに責任があったかもしれませんね。

そんな世代が一番良い思いをしているのも皮肉ですね。
ご存知かどうか、わかりませんが「趣味●倶楽部」という
シニア専用SNSを覗くと、呆れた内容が多く驚きます。
イベント広告ひとつ見ても浪費家集団か?ここは?と思いますよ。

学生時代に、チェルノでの事故が起きてしまい……
その内容に恐怖を覚え、いろいろと本を結構読んでしまったがため、原発をヨシとは思えなくなりました。

当時、各雑誌は「対岸の火事」状態でしたけど、日本の技術を奢っていたのかもしれませんね。バブル期だったし。


自動車免許を取得後、常磐道(当時、千葉県柏IC〜茨城県日立北ICまで開通直後)で「東海」というところを通過する際、毎回「今、原発が爆発しないように……」と思ったものです。

きっと今は、もっと嫌だなぁ〜って思う。

実際、東海原発ではJOC事故もありましたしね……
  • ちば!
  • 2011/09/18 7:07 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

amazon

Twitter

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM