南部農場 夏野菜栽培開始

  • 2010.05.09 Sunday
  • 19:22
     どぉ〜 もぉ〜 (゚∀゚)ノ

今年も夏野菜の栽培が開始されました。

今まで野菜が高騰していたようですが、わしは昨年培養したブロッコリーでこの春まで凌いできました(笑)

とりあえず、今年もトマト、ナス、ピーマン、ブロッコリーを植え付けます。
ほとんどナス科w
キュウリは今年はやめた。
あんなに毎日成られては喰い切れん……

とりあえず、栽培メインはトマト。



トマトは昨年栽培したところへ連作となりますが、半年間休耕したので、またあらためて土作りから開始です。

いつものミネラルと完熟そば殻堆肥の「ハスキーミックス」のみを鋤き混んで終了。


ナス、ピーマン用地を鋤きこむ

今後、それ以上施肥、消毒は一切しません。

トマトは雨に出来るだけあてたくないので、ベランダ下に植え付け、雨垂れを避けた内側にしました。

何故、雨にあてないかと言うと、トマトの生きる力を利用するためです。
肥料を与えてしまったり、余分な水を与えると、それをアテにして根を発達させないからです。

毎年、植え付け直後に1回灌水するだけで、あとは収穫が終わる11月中旬まで一切水と肥料は与えません。

下手な肥料を与えてしまうとチッソ過剰から害虫を招いたり、結実を減らしたりする結果になるからです。
それよりも1回汚染させてしまった土壌は元に戻すのが困難になるからです。

なので、一切肥料は与えません。
肥料など与えない方が甘いトマトになります。


今日は支柱を組んだ


植え付け後は完全無農薬で栽培をします。

この方法で2年連続で大収穫出来ていますので、今年も同じ方法で行う予定です。

今年もビタミンの供給は、このトマトを喰って夏を乗り切ります。




本編のキノコ栽培記・きのこ堂本舗 へもどうぞ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村


コメント
ご苦労様です。
ナス科ってなぜ連作できないのですか?
(でしたよね?)

とても邪魔臭いです。

トマトは厳しく育てるんですね。
苗買ってきてやってみよう!
gikusaさん、どもー

ナス科って、土壌成分を喰いすぎちゃって、養分の偏りが酷くなるそうです。

で、何が邪魔臭いんですか?w

トマトに限らず、何も甘やかせていません。
甘やかしているのは、ポー様だけですw

まぁ、野菜に関してはいろいろエライ方達の農法がありますけど、わしは一切そういう方達の農法は多少は読んだりしますが、ほとんど信用しませんw

実際に農業を営んで居る方の話は結構真面目に聞いて、自分にとり入れていますけど……

なのでいいとこ取りの自己流がほとんどですわw

果樹だけはそーもいきませんけどね……


  • ちば!
  • 2010/05/12 6:23 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

amazon

Twitter

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM