やっと普通に接種……

  • 2007.02.09 Friday
  • 04:26
昨夜は久しぶりに殺菌の必要が無い菌の接種を行いました。
「ナメコ」の短木断面接種(以下、短木栽培)を行いました。

数年ぶりにシデ原木を数本入手出来たので早速接種です。
シデは、多種の腐朽菌の栽培に使用出来るので、入手出来ると重宝します。
近年はなかなか入手が困難になってきています。


 チョークで標しを付け、断面が合う様に段取りします……

業務終了後の玉切り・接種だったので体が少々キツかったのですが、ここのところの多忙から帰還後、少しでもやれる事をやっておかないと、今年のこの暖冬から、かなり危険な状況を感じます。

まず、害菌の飛来&活着と枯れ部等、もともと付着していると思われるカビ類の活動開始も懸念されますし、伐ったはずの原木が生きていて芽出しを開始する危険もあるからです。
生きている原木には抗菌作用があるので菌が活着不良を起こすからです。

実際、教書等に記載している乾燥期間は短木栽培する場合はあまり気にしていません。
短く切断する事によって強制的に乾燥を早めてしまうからです。
しかし普通原木栽培においては乾燥期間は重要になります。

ワシが想像するには、短木栽培の場合、乾燥しながらその丁度良い水分含有率の部分に菌糸が酸素等を求めて伸長していくのではないか?とも考えるからです。


2個セットの間に大鋸屑菌を挟む

上画像の様に切断した時に出た大鋸屑と米ぬか等で増量した種菌を2個セットにしておいた原木と原木の間に挟んで接種する。
そして直後に上下の原木が剥がれない様にテープで接種箇所をを中心に巻き着けます。

そして、ここのサイトの「ナメコ・ヒラタケ」の要領で今後管理する事になります。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

amazon

Twitter

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM