ホダ場の春、いろいろ……

  • 2007.04.03 Tuesday
  • 07:12
わしのホダ場にも、いろんな春の訪れを知らせる動きが見受けられる様になって来ました。

まあ、大した事ではないのですが、少し視点を変えるだけで、結構いろんな事に気付くものです。

アケビは例年意識はしていますが、花の数だけ結実があるというわけではありませんし、サクラの様に万人の目を楽しませてくれる花でもないのですが、気付いた者にだけその遠慮がちに咲く美しさを楽しませてくれます。

アケビにも2種類あって、「アケビ」と「ミツバアケビ」が当ホダ場には自生していますが、実を収穫してもその違いは、わしにはわかりません(苦笑


こちらがミツバアケビの花
前回3月23日の日記にも拡大画像は貼ってあります。




そしてこちらが「アケビ」ですが、前者と全く違う花が咲きます。


足下に気をやれば、小さな苗が生え始めていたりします。



花粉症の方には嬉しくないとは思いますが、杉の苗が生えていたりします。
ホダ場には落葉シーズン中に多少は遮光をするために常緑である杉の木を全伐採はせずに残してあります。

その杉からこぼれたものでしょう……



唯一1本残ったケヤキの落とし子(笑)のようです。



春の陽光を目一杯浴びようとケヤキの苗も葉を広げています。
もう少しするとホダ場上を落葉樹の葉が覆うのでこの苗達は日光を浴びられなくなってしまいます。

もちろんこのケヤキの親木も南側にあります。
こうして小さな樹木が淘汰されて行くのも納得できます。

今日はこちらでは朝から雨が強く降っています。
これからは、ひと雨降るたびに暖かくなって行く事でしょう……




本編はこちら♪キノコ栽培記・きのこ堂本舗
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

amazon

Twitter

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM