南部農場 夏野菜栽培開始

  • 2010.05.09 Sunday
  • 19:22
     どぉ〜 もぉ〜 (゚∀゚)ノ

今年も夏野菜の栽培が開始されました。

今まで野菜が高騰していたようですが、わしは昨年培養したブロッコリーでこの春まで凌いできました(笑)

とりあえず、今年もトマト、ナス、ピーマン、ブロッコリーを植え付けます。
ほとんどナス科w
キュウリは今年はやめた。
あんなに毎日成られては喰い切れん……

とりあえず、栽培メインはトマト。



トマトは昨年栽培したところへ連作となりますが、半年間休耕したので、またあらためて土作りから開始です。

いつものミネラルと完熟そば殻堆肥の「ハスキーミックス」のみを鋤き混んで終了。


ナス、ピーマン用地を鋤きこむ

今後、それ以上施肥、消毒は一切しません。

トマトは雨に出来るだけあてたくないので、ベランダ下に植え付け、雨垂れを避けた内側にしました。

何故、雨にあてないかと言うと、トマトの生きる力を利用するためです。
肥料を与えてしまったり、余分な水を与えると、それをアテにして根を発達させないからです。

毎年、植え付け直後に1回灌水するだけで、あとは収穫が終わる11月中旬まで一切水と肥料は与えません。

下手な肥料を与えてしまうとチッソ過剰から害虫を招いたり、結実を減らしたりする結果になるからです。
それよりも1回汚染させてしまった土壌は元に戻すのが困難になるからです。

なので、一切肥料は与えません。
肥料など与えない方が甘いトマトになります。


今日は支柱を組んだ


植え付け後は完全無農薬で栽培をします。

この方法で2年連続で大収穫出来ていますので、今年も同じ方法で行う予定です。

今年もビタミンの供給は、このトマトを喰って夏を乗り切ります。




本編のキノコ栽培記・きのこ堂本舗 へもどうぞ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村


夏野菜の花が咲き始めた

  • 2010.05.15 Saturday
  • 18:40
     どぉ〜 もぉ〜 (゚∀゚)ノ 


先日、植え付けた夏野菜達が花を咲かせ始めました。



こちらはナスの花

樹木と違って、植え付けた野菜類は成長が早いモノです。

日に日に成長してきます。

きっと結実するのも早いとは思いますが、ここ数日、強風が続いていますし、朝夕の冷え込みが酷いのが少し心配でもあります。

昨日は夕方で10℃しかないのですから、ここら辺の5月中旬の陽気としては、かなり冷え込んでいると思います。

ある樹木の挿し木を今年挑戦しているのですが、ここに来て成育が止まった様に思います。

こちらは「地温」も計測していますが、日中の温度が夕方まで蓄熱されているようですが、これも数時間で夜の気温と同じまで下がってしまうのでしょうね。

兎に角、この冷え込みが何時まで続くのかで、これからの野菜の価格にまた影響を及ぼすのでしょうね……


こちらはトマトの花

一番、早く食べたいのが、やはりトマトなのですが、こちらは一切雨にあてない栽培法を今年は徹底しようかと試みたのがベランダ下栽培。



先日の雨の時でも画像の様に濡れているところと、乾いているところがはっきり別れました。
そして今後、根が水分や養分を求めて地中深く伸長してくれればしめたモノです。

ブロッコリー、ユウガオの成長も楽しみですねー



本編のキノコ栽培記・きのこ堂本舗 へもどうぞ

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村


ヤマブドウ栽培……今年の怠慢と結果

  • 2016.10.03 Monday
  • 21:11

    まいどぉ〜 (゚∀゚)ノ

 

 

 

 

今回は、ちと休題。

 

 

キノコの季節で情報配信したいのはチョモランマ(山々)なんだけどさ。

 

ここらでヤマブドウ栽培の今年の収獲の話。

 

恥ずかしい話で例年春先に芽が吹かないと男木と女木がどっちだか判らん(笑)

 

そこから男木を優先に剪定をするんだけどさ……
切っても切っても切れば切るほど雄花を咲かすんだよね。
もう、呆れるよ。


盛りの付いた男子みたいに(;´Д`)ハァハァ……(;´Д`)ハァハァ……(;´Д`)ハァハァ……
って雄花を咲かすんだよ。

 

はっきり言ってムカツク(笑)

 

で、当然花粉と花弁だけばらまいて、それが終わると一気に枝を伸長させる。
これが、どうしようも無い勢いで繁茂する。

この開花時、少なくなっていると言われているニホンミツバチが狂喜乱舞し

にやって来て、羽音が家の中まで聞こえる。

 

この男木の所為で2日〜4日に一回は剪定をしないと、あっという間に我が家
はヤマブドウの蔓で覆われる……

まるでお化け屋敷だよ。外から見たら……

 

で、女木の場合、受粉したのを確認して、小さな結実が開始されると同時に、
その先の新葉を蔓とともに伸長させるが、男木ほどの勢いは無い。


まあ、実を成長させることを優先しているからだ。

で、ある程度伸長してきたところで、比較的太い蔓を形成したモノを2節残し
で剪定をする。

 

すると、そこから雌花を形成し、結実を開始し始める。時間差交配をさせる。

雄花は盛りが激しい馬鹿ヤローだから何時でもこの時期は花粉を巻散らしている

ので、これを逆利用する感じかな?(笑)

 

これを大体、5月〜6月中旬までに行う。
これが収獲量を増やすコツ。

 

 

2階のベランダの屋根まで育ってしまった……物干し竿がブドウ棚になってしまった(苦笑)

 

 

なんだけど……この作業をしなかった場合、収量がガクっと落ちるんだよね。
今年は、その時期が多忙過ぎてしまってこの作業を怠ってしまった事から収量は例年

よりは落ちゃったんだわ。

 

まあ、繁茂は前述の通り、ヒデーもんだったわ。

もう、自作サンルームに吊してあるソーラーランプなんか一切点灯しやしない(笑)

 

 

 

 

画像のダンボールに3箱しか収獲出来なかった。

20kg欠けるかな

 

まあ、別に我が家の場合、サンルームのグリーンカーテンになってくれれば
それでオッケーなので、いいんだけどね。
ポー様やネコ殿が蒸し焼きになっちゃ困るし(笑)

 

まあ、あまり繁茂させすぎると防犯上も良く無いので、来シーズンはこまめに
剪定をしてやろうかと思う……

 

剪定しないと木自体もブクブク太ってしまい、木と木が絡まって螺旋状に絞め

合ってしまうから、そういった注意もしないとな……

 

って、いったい何処まで放置栽培なんだか……

 

 


編のキノコ栽培記・きのこ堂本舗 へもどうぞ

自然科学 - 科学ブログ村  
    ↑↑
 ここをクリックしますと、わしのラン キングポイントになりますが、

            他ブロガーからの最新情報も読めます。

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

amazon

Twitter

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM